[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「『心技体』は足し算にあらず」の真意は? 相撲・齋藤一雄が高校生に伝えたかったこと

アマチュア相撲の指導者である齋藤一雄さんが、9月25日に配信された「オンラインエール授業」に登場した。「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開するこの企画。齋藤さんはインターハイ中止という経験から前を向く全国の高校相撲部を対象に授業を行い、自分に向き合い、行動することの大切さを伝えた。

日体大教授の齋藤一雄さん
日体大教授の齋藤一雄さん

日体大で指導する齋藤さんが全国の高校生力士に“夢授業”

 アマチュア相撲の指導者である齋藤一雄さんが、9月25日に配信された「オンラインエール授業」に登場した。「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開するこの企画。齋藤さんはインターハイ中止という経験から前を向く全国の高校相撲部を対象に授業を行い、自分に向き合い、行動することの大切さを伝えた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 齋藤さんが登場した「オンラインエール授業」はインターハイ実施30競技の部活に励む高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうという企画。ボクシングの村田諒太、バドミントンの福島由紀と廣田彩花、バレーボールの大山加奈さん、サッカーの仲川輝人、佐々木則夫さんら、現役、OBのアスリートが各部活の生徒たちを対象に講師を務めてきた。

 第33回の講師は日体大教授の齋藤一雄さん。齋藤さんは中学・高校と、角界力士を数多く輩出する強豪、明大中野高の相撲部に所属。高校時代、団体戦ではインターハイで3年連続優勝するなど、全国大会で13大会優勝。個人でも高校横綱となった。大学時代も全日本選手権で優勝し、アマチュア横綱に。世界相撲選手権の無差別級で優勝するなどの実績を残した。現在、国際相撲連盟・日本連盟の理事を務めながら、日体大で相撲部の指導にあたる。

 小学生から相撲をとっていたという齋藤さん。冒頭で高校時代を「相撲漬けの毎日だった」と振り返った。「合宿ともなると、午前4時間、午後4時間、1日8時間ぐらい稽古していました。当時は、1日1日を必死で生きていた。1日が終わり、寝るときだけが幸せでという生活でしたが、今思うと一番幸せな時間だったと思います」。当時、抱いていた目標は、インターハイでの団体・個人優勝を目標。そこに向かい、1年365日、ほとんど休みなく稽古に励んでいたというが、「正直、あまり相撲が好きではなかった(笑)」と、当時の想いも暴露。「負けたくない。その気持ちだけで続けていました」

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集