[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

賛成と反対が見えない武器を持った東京五輪 野口みずき「人を攻撃する言葉を捨てて」

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。今回は「THE ANSWER スペシャリスト」として陸上界の話題を定期連載している2004年アテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずきさん。史上類を見ない形で開催された五輪だからこそ選手に得てほしいこと、反対する人もいる中で開催された意義について金メダリストの視点で語ってもらった。(構成=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

野口みずきさんが考える東京五輪開催の意義【写真:Getty Images】
野口みずきさんが考える東京五輪開催の意義【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#61

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。今回は「THE ANSWER スペシャリスト」として陸上界の話題を定期連載している2004年アテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずきさん。史上類を見ない形で開催された五輪だからこそ選手に得てほしいこと、反対する人もいる中で開催された意義について金メダリストの視点で語ってもらった。(構成=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

 ◇ ◇ ◇

 私は選手としてコロナ禍の五輪を経験したわけではないので、偉そうなことは何も言えませんが、選手たちにはいろいろな経験をしてほしいです。大変な中で頑張って競技をしている。それだけでもすごいことだと思います。

 開会式でドラゴンクエストの音楽を聞いてすごく感動しました。出場する選手たちがみんな勇者に見えてきて(笑)。賛否両論がある中でも、海外選手は「自分のやってきたことをここでしっかりと出し切るんだ」という想いで日本に来てくれた。無観客は残念だったかもしれませんが、選手たちがすごくいい顔でプレーしているのを見るとホッとします。

 もちろん、いつも通りの形で開催されるのが一番良かった。でも、特別な形だからこそ珍しいことを経験できる。本来の形ではないですが、アスリートのために戦える場を提供してくださっただけでもよかったです。選手にもプラスに捉えてもらえたらいいですね。

 選手村でもあれこれ問題があると言われていますが、ネガティブな言葉はそこを攻撃しようとする人が着目しているだけだと思います。実はポジティブな声も多いのではないでしょうか。組織委員会や選手村をまとめている人たちの努力もある。選手にとって日本の暑さは大変ですが、しっかりと競技をできている。私も「この状況下でもできるんだ」とすごく感動、興奮しているところです。

 開催に対して批判的な意見があることは仕方のないことです。でも、選手に罪はありません。実際、5月にテスト大会が行われたハーフマラソンのコース近くでは、反対デモで横断幕やプラカードが掲げられていました。それを見てしまった選手がショックを受けていると聞き、可哀想だなと思いました。命が懸かっていることなのでデモをする人の気持ちもわかりますが、選手にだけは見せないでほしいと感じました。

 反対派だった人の中には、五輪が始まってから応援してくれるようになった人もいると思います。「近代オリンピックの父」と呼ばれるピエール・ド・クーベルタン男爵が掲げたオリンピック憲章では、4年に一度のこのときだけは武器を捨て、争いごとを忘れて競技をすることが説かれています。競技を通じて白黒はっきりつける。あの言葉は、本当に素晴らしいと思っています。

 今の時代の武器は目に見えないもの。形を変えて人を攻撃し合っています。クーベルタンの言葉は、今でも通じるものがあると思うんです。このときだけは賛成していた人、反対していた人も一緒にいていい。手のひら返しのように応援してくれる。それでもいいと思うんですよ。

「何? 反対してたじゃん」ではなく「みんなで応援しよう」って。このときだけは人を攻撃するようなネガティブな言葉、武器を捨ててほしい。これをきっかけに世の中が前向きに進んでくれたらいいなと思います。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集