[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体重70kgのぽっちゃりOLが10か月で日本一 コンプレックスの塊だった人生に30歳で訪れた転機――ビキニフィットネス・安井友梨

「THE ANSWER」は3月8日の国際女性デーに合わせ、さまざまな女性アスリートとスポーツの課題にスポットを当てた「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「スポーツに生きる、わたしたちの今までとこれから」をテーマに1日から8日までアスリートがインタビューに登場し、これまで彼女たちが抱えていた悩みやぶつかった壁を明かし、私たちの社会の未来に向けたメッセージを届ける。1日目は近年注目される競技、ビキニフィットネスの女王・安井友梨が登場する。

体重70キロになった大学の豪州留学当時(左)と昨年全国大会で優勝した当時の安井友梨さん【写真:本人提供(左)、中戸川知世】
体重70キロになった大学の豪州留学当時(左)と昨年全国大会で優勝した当時の安井友梨さん【写真:本人提供(左)、中戸川知世】

THE ANSWER的 国際女性ウィーク1日目「ボディメイク」安井友梨インタビュー前編

「THE ANSWER」は3月8日の国際女性デーに合わせ、さまざまな女性アスリートとスポーツの課題にスポットを当てた「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「スポーツに生きる、わたしたちの今までとこれから」をテーマに1日から8日までアスリートがインタビューに登場し、これまで彼女たちが抱えていた悩みやぶつかった壁を明かし、私たちの社会の未来に向けたメッセージを届ける。1日目は近年注目される競技、ビキニフィットネスの女王・安井友梨が登場する。

【注目】“くいこみ”や“生理のモレ”の不快感を軽減 ワコールの新感覚ショーツに福士加代子さんが感動

 今回のテーマは「ボディメイク」。女性のボディビル競技の一つとして台頭してきたビキニフィットネス。健康的な美しさや筋肉とともに、ヘアメイクやコスチュームなど女性ならではのポイントも評価項目とされる。30歳で競技を始め、わずか10か月で日本一になった安井は以降、外資系金融のOLをしながら国内大会で7連覇、世界選手権で2度の準優勝に輝いた。競技の第一人者であり、昨年11月には「情熱大陸」にも出演するなど、女性が支持する女性として認知される。

 しかし、20代までは体重が70キロあった時期もあり、「なんの取柄もないぽっちゃりOLだった」と安井は言う。そんな彼女がなぜ30歳で変わり、今があるのか。前編では、これまでのキャリアを紐解き、ビキニフィットネス挑戦から初めて日本一になるまでの道のりに迫った。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

「ビキニの女王」――。

 近年、こんなフレーズとともに安井友梨はメディアを賑わせる。外資系金融でフルタイムのOLを勤めながら、2016年からビキニフィットネスの国内大会で7連覇。2度の世界選手権準優勝に輝いた。昨年10月に韓国で世界に挑んだ舞台裏に、人気番組「情熱大陸」で密着されたことも記憶に新しい。

 ステージに立てば、キュッと引き締まったウエストや女性らしく丸みのあるヒップでポージングを披露。スポットライトを浴び、圧倒的なオーラを放つが、39年の人生を辿ってみると、実はそのうち30年はどちらかといえば日陰を歩んできた。

 愛知・名古屋に生まれた3きょうだいの長女は、小さい頃から運動音痴の運動嫌い。スポーツを勧める母に「背が高いから」との理由で入れられた高校のバレーボール部は、練習が嫌で「部活に行く」と家を出て、アルバイトに行った。性格は引っ込み思案。シャイで、人見知りで、友達も多くない。

「コンプレックスの塊のような人間でした」と笑う。驚くのは、食にまつわるエピソード。

 食べることが大好き。「うちは“ぽっちゃり家系”で……祖母が100キロ、母も80キロで、おやつは親子三代、赤福。ひと口が1列分みたいな(笑)」。当然、太る。おまけに173センチの高身長。「縦も横も大きくて、1ミリでも小さく見せたかった」。膨らみ続けるコンプレックスが猫背にさせた。

「なんで、私だけこんなに太いんだろうって。弁当箱をこんにゃくだらけにしたり、りんご1個で生活したり、糖質制限したり、あらゆるダイエットに挑戦するけど、3日坊主どころか1日で終了。次の日にはきのう我慢した分、菓子パンを食べてしまう万年ダイエッターでした」

 豪州に留学した大学時代、ホームステイ先は毎日バーベキューをする家庭。1年後、帰国した空港で出迎えた母と妹に気付かれないほど。体重は70キロあった。

 証券会社の営業職に就いたOL生活も、昼休みに一人で食べ放題に行き、男性だらけの職場で毎晩飲み会。負けず嫌いで「女性だから」を言い訳にしたくなかった。“飲みニケーション”が死語になる前の時代、浴びるほど酒を飲み、帰りにまた一人、にんにくラーメンで締める。痩せるわけがない。

 入社3年で外資系金融の営業に転職。職業の響きからはキラキラとしたキャリアウーマンの姿が思い浮かぶが――。

「性格はがさつ。靴下も左右で違うし、洋服も表裏や前後で反対。ファッションも、美容も全く興味なし。メイクもしないし、髪はボサボサ。唯一の趣味は食べること。それ以外、何も興味が湧かない20代でした。体型も五段腹どころか“段”にならないくらい(膨らんだ)お腹が出ていて(笑)。鏡を見ることも嫌でした」

 今の安井からは想像もつかないエピソード。

 しかし、そんな話を背中に板が入ったかのように美しく椅子に腰かけ、相槌を打つたびに艶めいたロングヘアを揺らしながら、凛とした所作で話す。

 転機は、30歳だった。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集