[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界一細いと評された53cmの究極ウエスト 日本人不利に抗い、世界と戦うビキニの女王の哲学――ビキニフィットネス・安井友梨

「THE ANSWER」は3月8日の国際女性デーに合わせ、さまざまな女性アスリートとスポーツの課題にスポットを当てた「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「スポーツに生きる、わたしたちの今までとこれから」をテーマに1日から8日までアスリートがインタビューに登場し、これまで彼女たちが抱えていた悩みやぶつかった壁を明かし、私たちの社会の未来に向けたメッセージを届ける。1日目は近年注目される競技、ビキニフィットネスの女王・安井友梨が登場する。

「ビキニの女王」と呼ばれ、国内大会7連覇を達成している安井友梨さん【写真:松橋晶子】
「ビキニの女王」と呼ばれ、国内大会7連覇を達成している安井友梨さん【写真:松橋晶子】

THE ANSWER的 国際女性ウィーク1日目「ボディメイク」安井友梨インタビュー後編

「THE ANSWER」は3月8日の国際女性デーに合わせ、さまざまな女性アスリートとスポーツの課題にスポットを当てた「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「スポーツに生きる、わたしたちの今までとこれから」をテーマに1日から8日までアスリートがインタビューに登場し、これまで彼女たちが抱えていた悩みやぶつかった壁を明かし、私たちの社会の未来に向けたメッセージを届ける。1日目は近年注目される競技、ビキニフィットネスの女王・安井友梨が登場する。

【注目】“くいこみ”や“生理のモレ”の不快感を軽減 ワコールの新感覚ショーツに福士加代子さんが感動

 今回のテーマは「ボディメイク」。女性のボディビル競技の一つとして台頭してきたビキニフィットネス。健康的な美しさや筋肉とともに、ヘアメイクやコスチュームなど女性ならではのポイントも評価項目とされる。30歳で競技を始め、わずか10か月で日本一になった安井は以降、外資系金融のOLをしながら国内大会で7連覇、世界選手権で2度の準優勝に輝いた。競技の第一人者であり、昨年11月には「情熱大陸」にも出演するなど、女性が支持する女性として認知される。

 後編で明かしたのは日本一を達成し、競技の「顔」となって味わった苦悩。そして、安井が競技生活で実践している目標達成のセルフコントロール術、時代とともに変わる女性の「美しさ」の定義について考えを語り、来年40歳を迎える自身の未来についても想いを明かした。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 毎晩のように飲み会で酒を飲み、ラーメンで締める生活だった、自称「何の取柄もないぽっちゃりOL」が30歳でビキニフィットネスと出会い、わずか10か月で日本一に。しかし、その日を境に安井友梨は競技との向き合い方が変わった。

「30歳を過ぎてダイエット目的で競技を始め、急に『君がチャンピオンです』となっても、その人間性を全く備えていない。小さい頃からスポーツエリートで訓練されてきた方とは全く違う。チャンピオンとはどういうものか、どうすれば真のチャンピオンと認めていただけるのか、人間性を追い求める戦いが始まりました」

 元来、負けず嫌い。自分と24時間向き合い、徹底的に追い込み、ビキニフィットネスという競技を背負った。

 外資系金融でフルタイム勤務の営業職。午前5時に起床、6時にウォーキング。8時に出勤し、1日6食をこまめに取りながら、午後5時の退社以降はジムはもちろん、日によってウォーキング、ポージングといった競技に関するさまざまなレッスン、エステなどを分刻みでこなし、日付が変わる頃に帰宅する日々。

 体重が70キロにまで戻るオフシーズンからシーズン中は50キロまで20キロ減らし、ウエストも88センチから53センチまで35センチ絞り込む。

 血の滲む努力で7年連続日本一を達成したが、31歳で初出場した世界選手権は予選落ち。海外選手は骨格的に手足の長さも違い、当時は「(日本人は)DNAレベルで5000年かかっても無理」と言われた。しかし、武器のウエストを「世界一細い」と評されるまでに磨き、2021年から2年連続準優勝。世界を認めさせた。

 競技を始めて8年あまり。ここまで戦う原動力となったのは「ビキニフィットネスをスポーツとして認めてもらいたい」という情熱だ。

「いつか、この競技をスポーツと認めてもらう日が来ると信じて、笑い者になっても『それまでは絶対やめないぞ』と突っ走ってきました。大きかったのは昨年11月の『情熱大陸』出演。五輪競技やメジャー競技の皆さんと同じように取り上げていただき、認めていただける第一歩を踏み出せたのかなって」

 放送後の反響は大きく、特に同業者から「この競技をやっていることを誇りに思えた」「会社に認知されて有休が取りやすくなった」「競技を始めるのに反対していた親にOKをもらえました」などのメッセージが多く届いたという。

「でも、本当の戦いはここからです。こんな風に取材していただける日が来るなんて、8年前は思っていませんでした。ひとつひとつ、いろんな夢が叶っている瞬間でもあるので、これからも、いつか私の後に続く方々のためにもビキニチャンピオンの間にできることはなんでもやらせていただきたいです」

 立場は、人を変える。その言葉と覚悟は、まさにひとつの競技を背負うトップアスリートのそれである。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集