[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体重70kgのぽっちゃりOLが10か月で日本一 コンプレックスの塊だった人生に30歳で訪れた転機――ビキニフィットネス・安井友梨

安井さんにとって「明日、行ってもいいですか?」の電話が人生を変えた【写真:松橋晶子】
安井さんにとって「明日、行ってもいいですか?」の電話が人生を変えた【写真:松橋晶子】

ビキニフィットネスとの出会い、人生を変えた一本の電話

 きっかけは「私が生まれてから一度も痩せている姿を見たことがなかった」という母の変化。

 母がジムに入会し、半年で20キロもダイエットした。刺激を受け、「ペア会員になると安いから」と同じジムに入会。10キロの減量を目指した。ただ、根っからの運動嫌いの娘は1キロも痩せられず。「運動が嫌なので、お風呂に入って家に帰るレベル。たまに歩くくらいで……」

 半年経っても体型に変化なし。ジムに相談すると「痩せたいと言うだけでは痩せません。目標になる人の写真を見つけてください」。調べていくうちに見つけたのが、ビキニフィットネスの第1回国内大会で優勝した新井敬子さん。40歳の主婦だった。

 その美しさに心奪われた。「すごく健康的な美しい体で、『私、これになりたい』と。主婦の方が40歳でこうなれるなら、私も30歳ならできるかもって」。直感でビキニフィットネスの世界に飛び込もうと思った。新井さんが通うジムが奇遇にも地元・名古屋にあった。

 すぐ、そのジムに電話をかけた。

「明日、行ってもいいですか?」

 この一本の電話が、安井の30代を、人生を変えた。

 しかし、文字通りビキニを着て、肉体美を競う大会だ。20代はプライベートでも水着を着たことがない。アトピーがあり、高校のプールの授業はいつもタオルで肌を隠し、友人と行く温泉すら抵抗感があった。そんな安井が踏み切れたのは、なぜか。

「清水の舞台から飛び降りるじゃないですが、出ると決めたら痩せるんじゃないか。痩せるための目標作りのような、どんな競技かも知らずに飛び込みました」

 恵まれたのはトレーナー・柏木三樹さんの存在。何事も長続きしなかった安井の性格を考慮し、2時間のレッスンのうち、1時間以上はストレッチ。週2回のジム、最初の半年間は柏木さんと雑談しながら、体を動かすことを楽しんだ。

「栄養を考えたこともない、トレーニングをしたこともない、こんなボコボコの土台には立派な建物が建たないと言われ、まずは筋肉をつけて増量することから始めました。肉と野菜、玄米を中心に、規則正しい食事でしっかりと栄養を摂る。トレーニングも『なんだか楽しいな』『体がすっきりするな』くらいの感覚でした」

 すると、ささやかな変化が生まれた。「歯磨きと同じように、自分の生活習慣にジム通いが自然と組み込まれて行ったんです」

 挙がらなかったバーベルがある日、挙がるようになる。ジムに行く方が疲れが取れるようになる。髪をいたわり、ネイルにこだわり始めた。3か月後には、あれほど嫌だったアトピーが消え、OL生活で悩まされ続けた肩こりが解消された。

 小さな成功体験を積み重ね、自分が変わる実感が楽しかった。そして、ささやかな変化は大きな結果となって返ってきた。

 本格的に競技を始めて、わずか10か月後、いきなり日本一になったのだ。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集