[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

腕立て伏せが胸に効かない人の原因 「余裕でできる人」は実は上手くできてない証拠

「THE ANSWER」YouTubeチャンネルで「正しく胸に効かせる腕立て伏せ」を紹介
「THE ANSWER」YouTubeチャンネルで「正しく胸に効かせる腕立て伏せ」を紹介

中野トレーナーが紹介「正しく胸に効かせる腕立て伏せ」のポイント

【プッシュアップ】

1.うつ伏せになり、両膝を曲げる。両手は胸の延長線上で、肩幅よりも広げて床につく。指をしっかり開き、指先は少し外側に向ける。

2.手のひらで床を押すイメージを持ちながら、ゆっくりと肘を伸ばす。このとき、頭やお腹が落ちたり、腰が反ったりしないように意識し、膝から頭までを真っすぐに保った姿勢で行う。

3.姿勢を保ったまま、胸が床すれすれの位置まで下がるよう、ゆっくりと肘を曲げる。10~20回×2~3セットが目安。

 ※「THE ANSWER」公式YouTubeチャンネルの動画では裏技も紹介!

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3 4

中野ジェームズ修一

スポーツトレーナー

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球・福原愛、バドミントン・藤井瑞希らの現役時代を支えたほか、プロランナー神野大地、トランポリン競技選手など、多くのトップアスリートから信頼を集める。2014年以降、青山学院大駅伝チームのフィジカル強化指導を担当。東京・神楽坂に自身が技術責任者を務める会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB100」がある。主な著書に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)など。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集