[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金メダリスト救った女性が語る舞台裏 世界の称賛に「私は相手の立場で行動しただけ」

東京五輪陸上男子110メートル障害で金メダルを獲得したハンスル・パーチメント(ジャマイカ)を助けた大会スタッフとして話題になったストイコビッチ河島ティヤナさんが20日、「THE ANSWER」の取材に書面で回答し、世界の称賛を呼んだ出来事の舞台裏を明かした。

再会したハンスル・パーチメント(左)と、河島ティヤナさん(写真はハンスル・パーチメント、インスタグラムのスクリーンショットより)
再会したハンスル・パーチメント(左)と、河島ティヤナさん(写真はハンスル・パーチメント、インスタグラムのスクリーンショットより)

パーチメントを救って話題になった大会スタッフは河島ティヤナさん

 東京五輪陸上男子110メートル障害で金メダルを獲得したハンスル・パーチメント(ジャマイカ)を助けた大会スタッフとして話題になったストイコビッチ河島ティヤナさんが20日、「THE ANSWER」の取材に書面で回答し、世界の称賛を呼んだ出来事の舞台裏を明かした。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 パーチメントは4日の準決勝に出場するため国立競技場に向かう際、バスを乗り間違えた。到着先の海の森水上競技場にいた女性スタッフにタクシー代1万円を借りて移動し、レースに無事出場。金メダルを獲得した後、お礼のために女性スタッフを探し、タクシー代の返却とともにジャマイカ代表のシャツをプレゼントした。その様子を自身のインスタグラムに投稿した。

 この投稿により、大きな話題となった女性が河島さんだった。

 回答によると、河島さんは旅行会社「近畿日本ツーリスト」が業務委託した派遣スタッフとして、競技会場のバス乗降場で選手ら大会関係者を案内・誘導する業務を担っていた。バスを乗り間違えたパーチメントは本来、選手村に戻ってバスに乗り換えるべきだったが、「それではレースに間に合わない」との本人の答えがあり、現場責任者の判断で専用タクシーを呼んだという。

 タクシー代を渡してまでフォローしようと思った理由について、河島さんはこう回答した。

「知らない土地で試合のことで頭がいっぱいだろうし、そんな時に迷って間違ってしまうのは仕方ないだろうと思いました。国を背負って人生をかけて来てるんだろうなと思うと、今回このご時世の中、五輪に出られたのは奇跡かもしれない。もう最後になるかもしれない。一生後悔させてしまうことは私にはできないと思い、助けたい気持ち一心でした」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集