[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

差別に泣いた少年時代 東京目指す、最強パラスイマーが「障がいは個性」と思えるまで

新型コロナウイルスの影響で1年延期された東京パラリンピックの開催まで、28日で残り300日となった。出場が期待されるダニエル・ディアス(ブラジル)は、過去3大会連続出場し、計24個という膨大な数のメダルを獲得したパラ水泳界の英雄だ。この度「THE ANSWER」のインタビューに応じた32歳は、先天性の四肢奇形という「個性」と常に向き合い、少年時代には差別に耐えて人生を歩んできた。辛い過去を支えたもの、そして東京への思いに迫る。

パラリンピックで計24個のメダルを獲得した最強スイマー、ダニエル・ディアス【写真:本人提供】
パラリンピックで計24個のメダルを獲得した最強スイマー、ダニエル・ディアス【写真:本人提供】

パラ3大会連続出場中のダニエル・ディアス、伝えたい「夢は叶う!」ということ

 新型コロナウイルスの影響で1年延期された東京パラリンピックの開催まで、28日で残り300日となった。出場が期待されるダニエル・ディアス(ブラジル)は、過去3大会連続出場し、計24個という膨大な数のメダルを獲得したパラ水泳界の英雄だ。この度「THE ANSWER」のインタビューに応じた32歳は、先天性の四肢奇形という「個性」と常に向き合い、少年時代には差別に耐えて人生を歩んできた。辛い過去を支えたもの、そして東京への思いに迫る。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 ディアスの水泳人生の幕開けは2004年。パラリンピック・アテネ大会を見た16歳の時だった。ブラジル代表で「パラリンピックのサメ」の異名をとったクロドアルド・シルバが6冠を達成。両脚がうまく動かないハンデを抱える中、勇ましく泳ぐ姿に「自分もモチベーションが上がったんです」と語る。

 年が明け、05年初めから水泳に挑戦。ディアスはメキメキと実力をつけていった。なんと翌06年に世界選手権に出場。いきなり3つの金メダルと2つの銀メダルを獲得し、07年にはパンアメリカンにも出場した。

「昨日のように、その頃の気持ちは覚えています。最初に100メートルの競技を始めた時、『これはいけるかもしれない』という感覚がありました」

 08年、北京パラリンピックでディアスはその名を世界に轟かせる。100メートル自由形、200メートル個人メドレーなどで計4つの金を獲得。12年ロンドン大会では、6つの世界新記録を叩き出した。母国開催の16年リオ大会を合わせ、これまでパラリンピックで獲得したメダルの数は計24。うち金メダルは14という、パラ水泳界最強のスイマーとなった。

「水泳を始めた時から、大きな夢は持っていました。常に大きな夢を見るということは意識していましたが、まさか……。もし(競技を始めた頃の自分が)15~20年後を想像した時、きっと今まで獲れたものまでもは想像できなかったと思います。まとめて言えば『夢は叶う!』ということを伝えたいです」

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集