[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アンナ・シェルバコワの記事一覧

アンナ・シェルバコワ

  • 国籍:ロシア
  • 出身地:モスクワ
  • 生年月日:2004年3月28日
  • 身長:159㎝
  • 主な表彰:五輪金メダル(22年)世界選手権優勝(21年)、グランプリファイナル銀メダル(19年)、欧州選手権銀メダル(20年、22年)
アンナ・シェルバコワ(Anna Shcherbakova)はロシアの女子フィギュアスケート選手。2019年のグランプリファイナルで銀メダルを獲得。翌年の欧州選手権で銀メダルに輝くと、21年の世界選手権で優勝。22年の欧州選手権で再び銀メダルを獲得した。同年の北京五輪で金メダルを獲得した。コーチはエテリ・トゥトベリーゼ氏。19年には浅田真央さんに憧れていることを母国メディアに明かした。国際スケート連盟公式サイトによると、趣味は読書と料理。【写真:Getty Images】
  • シェルバコワ、進化する“演技中の1秒衣装チェンジ”に海外反響「グレートトリック」

    2020.01.26

    フィギュアスケートの欧州選手権は25日(日本時間26日)、女子フリーが行われ、アンナ・シェルバコワ(ロシア)は159.81点、合計237.76で2位に入った。演技も去ることながら観衆の脚光を浴びたのは、演技中の衣装チェンジ。今季話題のトリックはさらに進化を遂げ、よりスピーディーな動きで会場を沸かせた。実際のシーンを国際スケート連盟(ISU)が動画付きで公開し、「グレートトリック」と反響を呼んでいる。

  • ロシア3人娘、4位に30点差の表彰台独占 海外絶賛「女子界のアバンギャルドと証明」

    2020.01.26

    フィギュアスケートの欧州選手権は25日(日本時間26日)、女子フリーが行われ、アリョーナ・コストルナヤが合計240.81点で優勝。2位に237.76点のアンナ・シェルバコワ、3位に225.34点のアレクサンドラ・トルソワが入り、ロシア3人娘が表彰台を独占した。4位以下に30点以上の大差をつける圧倒劇に対し、海外メディアも「女子フィギュア界において、自分たちがアバンギャルド(前衛)であることを再び証明した」と称賛している。

  • 露の天才3人娘が激突の欧州選手権、シェルバコワが「V最右翼」に名前が挙がった理由は

    2020.01.22

    フィギュアスケートの欧州選手権は22日、オーストリアのグラーツで開幕する。女子シングルの注目はやはりロシアの天才3人娘だ。昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルではアリョーナ・コストルナヤが優勝し、アンナ・シェルバコワが2位、アレクサンドラ・トルソワが3位と表彰台を独占した。圧巻のスキルで他の追随を許さない3人が、欧州選手権でもメダル独占が有力視される中で、だれが最有力候補なのか、ロシア放送局「ロシアトゥデー」が大会を展望している。

  • トゥトベリーゼ氏の手法に渦巻く賛否 露メディア現状分析「競技人生の短い選手が…」

    2020.01.17

    フィギュアスケートの女子で平昌五輪を制したアリーナ・ザギトワ、そして今季のグランプリ(GP)ファイナル表彰台を独占したアリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トルソワ。これらのロシア選手を育てているのが、エテリ・トゥトベリーゼ氏だ。しかし、高い指導力の一方で10代前半から活躍した選手が伸び悩むなどの現実もあり、批判的な声も少なくない。母国のロシアメディアはそうした現状について特集を組み、問題について迫っている。

  • ザギトワら早い世代交代 露名伯楽、年齢制限変更を主張「使い捨ての女王は要らない」

    2020.01.16

    次々と新星が顔を出すフィギュアスケート界。ロシアでは平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)の一時的な活動休止が話題になるなど、17歳の若さで世代交代を突きつけられていた。そんな中、ロシアの名伯楽が年齢制限の引き上げを提言。同国メディアが報じている。

  • シェルバコワ、異次元の高難度構成をタラソワ氏絶賛「あり得ない、あり得ないです!」

    2019.12.29

    フィギュアスケートのロシア選手権は28日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の15歳アンナ・シェルバコワが驚異の181.94点をマーク。非公認ながら、アレクサンドラ・トルソワが持つ166.62点の世界最高得点を大幅に上回る演技を披露し、こちらも世界最高得点となる合計261.87点で連覇を飾った。母国の重鎮タチアナ・タラソワ氏も「こんなものは今まで世界でどこにもありませんでした!」と異次元の高難度構成を絶賛している。ロシアメディアが伝えている。

  • シェルバコワ、男子超えの“世界最高V2”に露メディア衝撃「狂気の4回転ルーティン」

    2019.12.29

    フィギュアスケートのロシア選手権は28日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の15歳アンナ・シェルバコワが驚異の181.94点をマーク。非公認ながら、アレクサンドラ・トルソワが持つ166.62点の世界最高得点を大幅に上回る演技を披露し、こちらも世界最高得点となる合計261.87点で連覇を飾った。今季話題の演技中の“衣装チェンジ”に加え、4回転ジャンプを3本成功した男子超えの圧巻の演技にロシアメディアも「狂気の4回転ルーティン」と驚愕している。

  • 【名珍場面2019】衝撃Vのトルソワ、キュート過ぎ“3人娘ショット”に反響「なんてみんな美しいんだ」

    2019.12.27

    12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回は今季のフィギュアスケート界を席巻したロシアの天才3人娘だ。グランプリ(GP)シリーズ6戦すべての優勝を3人で分け合い、GPファイナルの表彰台も独占。女子の主役に躍り出たが、約10か月前には3人ともジュニアの大会に出場。そこでも当然のように表彰台を独占していたのだが、ロシアの写真家がインスタグラムでキュートな3ショットを公開し、反響を呼んでいた。

  • 【名珍場面2019】コストルナヤ、原宿出没の“天才娘私服3ショット”に海外反響「美しい写真だ!」

    2019.12.22

    12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回はフィギュアスケートのアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)だ。6月にアイスショーで日本滞在中に同門のアレクサンドラ・トルソワ、アンナ・シェルバコワと東京・原宿に出没。のちにグランプリ(GP)ファイナルの表彰台を独占する“天才3人娘”が私服姿でオフを満喫する様子をインスタグラムで公開し、「美しい写真だ!」などと海外ファンの視線を釘付けにした。

  • ザギトワの若すぎる世代交代 年齢制限変更をタラソワ氏提言「15、16歳は別に競技を」

    2019.12.16

    母国で活動休止を報じられていたフィギュアスケートの平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)。15日に自身のインスタグラムで活動休止や引退を否定したが、17歳の若さで世代交代を突きつけられている。国内外をにぎわせているなか、名コーチのタチアナ・タラソワ氏はフィギュアスケート界の年齢制限引き上げを提言。ロシアメディア「championat.com」が伝えている。

  • 天才3人娘で一番“女性の滑り”をしてるのは? 露識者「彼女は未成熟に見えない」

    2019.12.10

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルのは16歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が初出場V。2位にアンナ・シェルバコワ(ロシア)、3位にアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が入り、今季シニアデビューした同門の3人が表彰台を独占した。99年にロシア初の世界選手権女王となったマリア・ブッテルスカヤ氏はロシアメディア「russian.rt.com」のインタビューで大会を総括し、「表彰台3人で誰が一番、“女性の滑り”をしているか」の問いに言及している。

  • コストルナヤら、天才3人娘の“エテリ組集合写真”に反響「なぜサーシャは犬を!?」

    2019.12.08

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の16歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が初出場V。SP3位のアンナ・シェルバコワ(ロシア)が2位に、SP5位のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が3位に入り、GPシリーズ6戦を完全制覇した天才3人娘が表彰台を独占した。試合後、振付師のダニイル・グレイヘンガウス氏がコストルナヤがお茶目に“変顔”も決めたチーム集合写真を公開し、反響を集めている。

  • ロシア新世代は難ジャンプ跳んでるだけ? 母国の元世界女王が“天才3人娘”を分析

    2019.12.03

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズの女子はアレクサンドラ・トルソワ、アンナ・シェルバコワ、アリョーナ・コストルナヤというロシアの天才少女3人がともに2連勝し、全6戦の優勝を独占。5日に開幕するGPファイナル(トリノ)に駒を進めた。ロシア初の世界女王マリア・ブッテルスカヤ氏は3人についてロシアメディア「portal-kultura.ru」で語り、「新世代の選手は難しいジャンプを跳んでいるだけではないか」との見方にも見解を示している。

  • シェルバコワ、色変わる“奇術的コス”を米デザイナーも絶賛「この衣装を愛してる」

    2019.11.13

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズは先週末、第4戦の中国杯が行われた。米国のデザイナー、ニック・ベレオス氏は出場各選手の衣装を批評。圧巻の“衣装チェンジ”で話題を呼び、優勝した女子のアンナ・シェルバコワ(ロシア)について「このコスチュームを愛している」と絶賛している。

  • 15歳シェルバコワ連勝、演技中の“衣装チェンジ”に驚きの反響「魔法にかかった気分」

    2019.11.09

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦中国杯は9日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アンナ・シェルバコワ(ロシア)が152.53点、合計226.04点で優勝。連勝でGPファイナル進出を決めた。演技中には青の衣装が赤に変わるという仕掛けを披露。第1戦スケートアメリカに続く“衣装チェンジ”の注目度は大きく、国際スケート連盟(ISU)公式インスタグラムは実際のシーンを動画付きで公開し、日本のファンも「魔法にかかった気分」などと虜になっている。

  • 15歳シェルバコワ衝撃V 4回転ルッツ2発に露五輪王者も絶賛「観客は奇跡の目撃者だ」

    2019.10.22

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは女子フリーで15歳アンナ・シェルバコワ(ロシア)がフリー160.16点、合計227.76点で逆転優勝を飾った。中盤のスピンの最中に紫の衣装が赤に変わるという驚きの“衣装チェンジ”を披露。国際スケート連盟(ISU)が実際のシーンを動画付きで公開し、海外で反響を集めていたが、母国のソルトレイクシティ五輪王者アレクセイ・ヤグディン氏は4回転ルッツ2本を決めた演技について「奇跡はリンク上で起きた」と絶賛している。

  • 15歳シェルバコワ、演技中の“衣装チェンジ”が日本でも大反響「イリュージョンや」

    2019.10.22

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは19日(日本時間20日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位のアンナ・シェルバコワ(ロシア)がフリー160.16点、合計227.76点で逆転優勝を飾った。大きな歓声が上がったのは、演技中の“衣装チェンジ”だ。中盤でスピンをしながら、紫の衣装が赤に変わるという驚きの仕掛けを披露。国際スケート連盟(ISU)が実際のシーンを動画付きで公開し、海外で反響を集めていたが、日本でも話題を呼び始めている。

  • 15歳シェルバコワ、演技中の“奇術的衣装チェンジ”に驚きの反響「どうなってるの?」

    2019.10.20

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは19日(日本時間20日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位のアンナ・シェルバコワ(ロシア)がフリー160.16点、合計227.76点で逆転優勝を飾った。大きな歓声が上がったのは、演技中の“衣装チェンジ”だ。中盤でスピンをしながら、紫の衣装が赤に変わるという驚きの仕掛けを披露。国際スケート連盟(ISU)が実際のシーンを動画付きで公開し、「どうなってるの?」などと反響を集めている。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集