[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カロリーナ・コストナーの記事一覧

  • 31歳コストナー現役続行へ! 来季までのスポンサー契約発表「本当に幸せです」

    2018.05.20

    フィギュアスケートのソチ五輪銅メダリスト、カロリーナ・コストナー(イタリア)が現役続行が有力になった。母国紙が日本の自動車メーカー「スズキ」のイタリア法人「スズキ・イタリア」とのスポンサー契約を延長したことを明らかにしている。コストナーは2月の平昌五輪を最後に現役引退が囁かれており、去就が注目を集めていた。

  • “皇帝”がコストナーとの2ショット公開にファン歓喜 「最も偉大なレジェンド2人」

    2018.05.15

    フィギュアスケートのトリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ氏(ロシア)が自身のインスタグラムを更新。ソチ五輪銅メダリストのカロリーナ・コストナー(イタリア)との2ショットを公開し話題を集めている。

  • 31歳コストナー、現役続行も? アイスショー出演は「試合へ戻る促進剤にもなる」

    2018.05.12

    フィギュアスケートのソチ五輪銅メダリスト、カロリーナ・コストナー(イタリア)が母国紙のインタビューに応じ、注目される去就について胸中を語った。オフシーズンにアイスショーに出演している31歳は「これは充電期間ともなり、今後試合へ戻るための促進剤にもなります」と現役続行に含みを持たせている。

  • 涙の15歳ザギトワに31歳コストナーが贈った“エール”とは― 「今回の試合は…」

    2018.03.25

    フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は23日、女子フリーが行われ、大本命とみられていた平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が5位に終わった。初出場で涙のシニア初黒星を喫した15歳に対し、14度目の出場で4位に入った31歳カロリーナ・コストナー(イタリア)は「また素晴らしいパフォーマンスをしてくれると確信している」「今回の試合は数ある試合の中の一つだから」とエールを送っている。

  • 引退説の31歳コストナー、去就は明言せず「バカンスを取って落ち着いてから考える」

    2018.03.24

    フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は23日、女子フリーで地元の大声援を受けたショートプログラム(SP)1位、カロリーナ・コストナー(イタリア)は128.61点で合計208.88点。4位に終わり、4年ぶりの表彰台を逃した。今季限りでの引退説が浮上していた31歳は、去就について「まずはバカンスを取りたい。その後、落ち着いて考えます」と話すにとどめた。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が伝えている。

  • 引退説浮上の31歳コストナーに世界から現役続行求める声 「年齢は関係ないんだ」

    2018.03.23

    フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)、女子シングルショートプログラム(SP)で地元の31歳カロリーナ・コストナー(イタリア)がパーソナルベストを更新する80.27点で首位に立った。今大会で引退の可能性が浮上しているイタリアフィギュア界のレジェンドに対し、「やめてはいけない」「前進すべきだ」と現役続行を求める声が各所で上がっている。

  • コストナーはザギトワに勝てるのか? 「わずかな希望は残されている」と母国特集

    2018.03.23

    フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)の女子シングルショートプログラム(SP)では、地元の31歳カロリーナ・コストナー(イタリア)がパーソナルベストを更新する80.27点で首位に立った。そして平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が79.51点で2位。日本の宮原知子(関大)が74.36点で3位で続いている。23日のフリーで、コストナーが逃げ切るのか、それとも大本命のザギトワが逆転するのか。そして宮原もさらに上位に食い込むかも注目が集まっている。

  • コストナー、完璧演技の“余韻ショット”に海外から反響続々 「その赤、美しいね」

    2018.03.22

    フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は21日、女子シングルショートプログラム(SP)を行い、地元の31歳カロリーナ・コストナー(イタリア)がパーソナルベストを更新する80.27点で首位に立った。母国で絶大な支持を集めるコストナーは自身のインスタグラムを更新。深紅の衣装に身を包んだ、演技中の自身の姿を公開すると各地のファンが祝福と称賛のメッセージを送っている。

  • 31歳コストナー、世界歴代3位の圧巻演技に地元紙感激 「今は夢心地に浸っていたい」

    2018.03.22

    フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は21日、女子シングルショートプログラム(SP)を行い、地元の31歳カロリーナ・コストナー(イタリア)がパーソナルベストを更新する80.27点で首位に立った。SPでの80点越えはアリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワ(共にロシア)に次いで史上3人目。平昌五輪金メダリストのザギトワ(ロシア)が79.51点で2位。日本の宮原知子(関大)が74.36点で3位。

  • 31歳コストナー、母国での世界選手権で引退か 伊紙「おそらくキャリアのラスト」

    2018.03.20

    平昌五輪フィギュアスケート女子シングル5位に終わった31歳のレジェンド、カロリーナ・コストナー(イタリア)は21日に開幕する世界選手権(ミラノ)を最後に現役引退する可能性が浮上している。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が「これが最後の演技か」と報じている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー