[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 涙の15歳ザギトワに31歳コストナーが贈った“エール”とは― 「今回の試合は…」

涙の15歳ザギトワに31歳コストナーが贈った“エール”とは― 「今回の試合は…」

フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は23日、女子フリーが行われ、大本命とみられていた平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が5位に終わった。初出場で涙のシニア初黒星を喫した15歳に対し、14度目の出場で4位に入った31歳カロリーナ・コストナー(イタリア)は「また素晴らしいパフォーマンスをしてくれると確信している」「今回の試合は数ある試合の中の一つだから」とエールを送っている。

アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

ザギトワが生まれた翌年から出場を続けるコストナー「数ある試合の一つだから」

 フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は23日、女子フリーが行われ、大本命とみられていた平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が5位に終わった。初出場で涙のシニア初黒星を喫した15歳に対し、14度目の出場で4位に入った31歳カロリーナ・コストナー(イタリア)は「また素晴らしいパフォーマンスをしてくれると確信している」「今回の試合は数ある試合の中の一つだから」とエールを送っている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 今季、無欠の強さを誇ってきた五輪女王が敗れた。ザギトワはジャンプで3度転倒するなどミスが相次ぎ、128.21点。合計207.20点と得点を伸ばせず、5位に終わり、悔し涙を流した。シニアデビューした今季、GPシリーズ&ファイナル、ロシア選手権、欧州選手権、五輪と全勝街道をひた走り、今大会も圧倒的なV候補と目されていたが、待っていたのはまさかの結果だった。

 海外メディアも「優勝の味を忘れてしまったかのよう」と驚きをもって報じていたが、15歳の天才少女に対し、温かいエールを送ったのは、地元イタリアの31歳のレジェンドだった。

 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」によれば、コストナーは「ザギトワ選手にとって今回、難しい時間になってしまったのは残念です」と話し、さらに「でも、彼女はまた素晴らしいパフォーマンスをしてくれると確信を持って言えます。今回の試合は数ある試合の中の一つなのですから」とベテランらしく語ったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー