[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 山口茜が思うバドミントン新設トーナメントの意義「メジャーにするための大会」

山口茜が思うバドミントン新設トーナメントの意義「メジャーにするための大会」

バドミントンの若き女王候補は、疲労感をところどころ笑顔で隠し、新たな大会の挑戦に理解を示した。バドミントンの新設大会トップ4トーナメントが24日にゼビオアリーナ仙台で開幕し、女子の再春館製薬所は全英オープンで準優勝した女子シングルスの山口茜、同ダブルスの福島由紀、廣田彩花組の銀メダルトリオが活躍し、北都銀行を破って決勝進出を決めた。

山口茜【写真:平野貴也】
山口茜【写真:平野貴也】

過密日程も…若き女王候補が感じる価値「何のためにこの大会をやるかと言えば…」

 バドミントンの若き女王候補は、疲労感をところどころ笑顔で隠し、新たな大会の挑戦に理解を示した。バドミントンの新設大会トップ4トーナメントが24日にゼビオアリーナ仙台で開幕し、女子の再春館製薬所は全英オープンで準優勝した女子シングルスの山口茜、同ダブルスの福島由紀、廣田彩花組の銀メダルトリオが活躍し、北都銀行を破って決勝進出を決めた。大会は、国内最高峰S/Jリーグの上位4チームが参加する団体戦。再春館製薬所は翌25日に行われる決勝で、リーグ戦を優勝している日本ユニシスと対戦する。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 女子シングルス世界ランク2位で1位を狙い続けている山口茜は、疲労の中でも結果を残した。ドイツオープン、全英オープンを戦って帰国したのが、20日。「疲労がないと言ったら、ウソになる」と苦笑いを浮かべたが、新たに設けられた大会の意義を理解し、観衆の前で世界トップレベルのプレーと結果を見せつけた。試合は、北都銀行のホープで高卒1年目の島倉唯と対戦。第2ゲームで2-10と引き離される場面があったが、試合のペースを奪って勝ち切った。山口は「年下と対戦する機会は、あまりない。若干のやり辛さはあったけど、先行されても自分がラリーの主導権を握るプレーをできれば大丈夫だと思った。でも、2ゲーム目の最初は集中力がなくてミスが続いた。もう少しすんなり勝てれば良かった」と笑顔を見せた。

 大会は、今季新たに設けられたものだ。国内最高峰S/Jリーグの男女4チームが参加し、タイトルを争うカップ戦で、来季からはリーグのプレーオフとして行われることが内定している。元日本代表の池田信太郎さんが大会アンバサダーを務め、競技の魅力を最大限に引き出すことを目的に、近代型アリーナのゼビオアリーナ仙台を会場に選定。照明や音響を駆使した演出の中で大会は行われた。ただし、山口らトップ選手にとっては、試合数の増加は歓迎できるものではない。欧州から帰ったばかりで、月末には日本代表の合宿が控えており、日の丸をつけて戦うアジア選手権や国別対抗戦のトマス&ユーバー杯などが控えている。所属チームの母体となっている企業の仲間が応援に駆け付けるため、勝たなければいけない思いは誰もが持っているが、大会に対する選手のモチベーションは、様々だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー