[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「井上にとって初の本物の戦いに…」 ドネア陣営、井上尚弥との伝説名勝負を称賛

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝は7日、WBA&IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち、優勝を達成した。戦前の井上圧勝予想を覆し、モンスターを追い詰めたドネアのプロモーターを務めるリチャード・シェーファー氏は「THE ANSWER」の単独取材に応じ、健在ぶりを示した36歳のフィリピンの閃光を称賛。「イノウエにとっては初めての本物のファイトになった」と試練を突きつけたと高く評価している。

WBSS優勝を果たした井上尚弥(右)【写真:Getty Images】
WBSS優勝を果たした井上尚弥(右)【写真:Getty Images】

ドネアのプロモーターが単独取材で評価「この試合で井上は多くを学んだ」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝は7日、WBA&IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち、優勝を達成した。戦前の井上圧勝予想を覆し、モンスターを追い詰めたドネアのプロモーターを務めるリチャード・シェーファー氏は「THE ANSWER」の単独取材に応じ、健在ぶりを示した36歳のフィリピンの閃光を称賛。「イノウエにとっては初めての本物のファイトになった」と試練を突きつけたと高く評価している。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 世代交代を掲げ、頂上決戦に臨んだ無敵のモンスターに待っていたのは、想定外の展開だった。ドネアの閃光フックを浴び、2回に右目の上をカット。流血で視界を奪われた井上は、ドネアのパンチを何度も浴びた。猛攻をクリンチで凌ぐ場面もあった。そんな戦いぶりをリングサイドで見つめた大物プロモーターのシェーファー氏は単独取材で印象を語った。

「ノニトは凄まじい戦士であることを証明した。数々の王者をKOで倒してきたイノウエに厳しいダメージを与えた。鼻から出血させ、キャリアで初めてカットさせた。イノウエにとっては初のリアルファイトだっただろうか。ノニトの存在は大きな試練になっただろう。この試合でイノウエは多くを学んだことだろう。もっと偉大なファイターになるための糧を手にできたのではないか」

 試合後に病院に直行したドネアの代わりに思いを語ったシェーファー氏。体格差を生かしてプレッシャーをかけ、閃光のカウンターで井上に脅威を与えた5階級制覇王者は、無敵のモンスターにとっても最高の手本になったと分析した。11回に強烈なボディフックでダウンを奪われたドネアだが、最後まで戦い切った。死闘の終わりを告げるゴングが鳴り響くと、2人は抱き合った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集