[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦へ、ドネアが練習公開 「キャリアで最も重要な試合」と決意語る

ボクシングのWBA・IBF世界バンタム王者・井上尚弥(大橋)が、11月7日にさいたまスーパーアリーナで世界5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)とワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で戦う。30日夜に母国・マニラから来日したドネアは31日、都内で練習を公開。打倒・モンスターに向けて調整を進める。

練習前に会見したノニト・ドネア(左)とマネジャーを務める妻・レイチェルさん【写真:浜田洋平】
練習前に会見したノニト・ドネア(左)とマネジャーを務める妻・レイチェルさん【写真:浜田洋平】

モンスターVSフィリピンの閃光、バンタム級最強を決める戦いは7日ゴング

 ボクシングのWBA・IBF世界バンタム王者・井上尚弥(大橋)が、11月7日にさいたまスーパーアリーナで世界5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)とワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で戦う。30日夜に母国・マニラから来日したドネアは31日、都内で練習を公開。打倒・モンスターに向けて調整を進める。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 拠点を置く米国でトレーニング後、マニラで時差調整を兼ねた2週間のキャンプを行っていた。マネジャーを務める妻・レイチェルさん、父でトレーナーのノニト・ドネア・シニア氏ら約10人を連れ、8月の決勝発表会見以来の来日となった。

「フィリピンの閃光」の異名を持つ36歳。数々の敵を葬り去ってきた左フックは、今もなお相手に脅威を与える最大の武器だ。井上にとってはフットワークなどを参考にした、高校時代から憧れだった存在。2014年のナルバエス戦前には、来日したドネアに対策を伝授してもらったこともある。

 18勝16KOで世界3階級を制した井上に対し、フライ級からフェザー級まで世界5階級を制したレジェンドは、通算戦績40勝26KO5敗、バンタム級では5勝4KO。WBSS参戦で約7年ぶりにバンタム級に復帰した。昨年11月の初戦では、当時WBAスーパー王者だったライアン・バーネット(英国)と対戦。相手が試合中に腰を痛めて棄権し、4回終了TKO勝ちした。

 今年4月の準決勝では、WBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)が直前に肩を負傷して欠場。急遽、代役として当時WBA5位だったステファン・ヤング(米国)と対戦し、6回に左フックでKO勝ちしていた。

 練習前に会見したドネアが「とてもワクワクしている気持ちが大きい。集中力が高まっているが、ワクワクが大きい。人生を通してやってきたことを出したい。とてもいい気分。ここ(バンタム級)は自分のウェートだと思う。重い階級で強い選手とやるときも充実していたが、今のこの階級でも強豪がいて満足している」と心境を明かした。

 井上について「今のキャリアで最も重要な試合。だからモチベーションが上がっている。日本国内で最強の井上との試合で気持ちが高まっている。日本国内でとても高い評価なので、自分にとって試練になる。信じられないほど素晴らしいファイター。だから最大限の敬意を払うし、自分を追い込むことができた。攻略の自信はもちろんある。一つ一つの試合に命を懸けている。他の試合と変わらず、自信を持っている」と語った。

 ここまでの調整については「とても素晴らしいキャンプができた。スパーリングもたくさんした。米国からマニラに移動して、さらに追い込みができた。スパーリングで締めくくったが、いろんなタイプのパートナーを用意していた。マニラの気候が追い込みに役立った。とても暑い。メンタルでも研ぎ澄まされた。暑い厳しい環境でより高いものに仕上げられた」と充実感を示した。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集