[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

キリオス「狙った」 故意のボディショットにナダルは苦言「こんな風に打てば危険だ」

テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドンは4日、男子シングルス2回戦で世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)が6-3、3-6、7-6、7-6で同43位ニック・キリオス(オーストラリア)を撃破。3回戦に駒を進めた。ナダルの前に屈したキリオスは、アンダーサーブを繰り出したことでも物議を醸していたが、更にナダルを狙ったボディショットを放っていたことも明らかに。

男子シングルス2回戦で対戦したニック・キリオス(左)とラファエル・ナダル【写真:Getty Images】
男子シングルス2回戦で対戦したニック・キリオス(左)とラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

キリオスが故意にボディショット、ナダルはラケットでかわすも苦言

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドンは4日、男子シングルス2回戦で世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)が6-3、3-6、7-6、7-6で同43位ニック・キリオス(オーストラリア)を撃破。3回戦に駒を進めた。ナダルの前に屈したキリオスは、アンダーサーブを繰り出したことでも物議を醸していたが、更にナダルを狙ったボディショットを放っていたことも明らかに。“悪童”は「謝るつもりはまったくない」ときっぱり。ナダルからは「こんな風に打つと、観客にとっても危険だ」と再び苦言を呈されている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 問題のシーンは第3セットの第8ゲームだ。フラストレーションをためていたキリオスは強烈なフォアを、ナダルにボディめがけて放った。ナダルはラケットで防いだが、キリオスを睨みつけ、険悪な雰囲気になった。

 ボディを狙うこと自体はルール上は問題ない。しかし、試合後のキリオスの発言が問題を拡大させてしまった。ヤフースポーツ、オーストラリア版が「『彼に当てたかった』:キリオスとナダルの戦いが勃発」の見出しで伝えている。

 記事では、キリオスはナダルを狙っていたことを認めたが、謝罪は拒否したと伝えている。そして、オーストラリアの24歳のコメントを紹介している。

「なぜ謝るんだ? 彼には当てていない。ラケットに当たった。なぜ謝るんだ?」と繰り返し、さらには「グランドスラムで何度優勝し、銀行口座にはいくら入っているんだ?」と続けた。

 長きにわたってトップに君臨するナダルへの当てつけの意味も込められていたのか。「彼なら胸でボールを受け止めることもできると思う。謝るつもりはまったくない」「当てるつもりだった。まっすぐ胸に当てたかった」と重ねており、悪びれる様子は全くなかったようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集