[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウンフィーバーの裏で… 報道陣300人集結でネット不通、現場にも熱狂の余波

男子100メートルで盛り上がった28日の陸上日本選手権(福岡・博多の陸上森競技場)。9秒97の日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)、自己ベスト9秒98の桐生祥秀(日本生命)が出場し、史上初の日本勢9秒台対決だった。平日にも関わらず1万4000人の観衆が集結。9秒台こそならなかったが、サニブラウンが大会新記録10秒02で出場2大会連続優勝を飾った。ファンを大いに盛り上げた裏で、注目の一戦に詰めかけた報道陣にも熱狂の影響が表れていた。

男子100mで優勝したサニブラウン【写真:奥井隆史】
男子100mで優勝したサニブラウン【写真:奥井隆史】

100m頂上決戦に観衆1万4000人、“9秒台対決”でフィーバー

 男子100メートルで盛り上がった28日の陸上日本選手権(福岡・博多の陸上森競技場)。9秒97の日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)、自己ベスト9秒98の桐生祥秀(日本生命)が出場し、史上初の日本勢9秒台対決だった。平日にも関わらず1万4000人の観衆が集結。9秒台こそならなかったが、サニブラウンが大会新記録10秒02で出場2大会連続優勝を飾った。ファンを大いに盛り上げた裏で、注目の一戦に詰めかけた報道陣にも熱狂の影響が表れていた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 大会最注目の第2日は、新聞、テレビなど報道陣約300人が終結。福岡空港近くの小高い丘の上にある会場で、報道陣にハプニングが発生した。男子100メートルは午後8時30分スタート。スタンドでは動画や写真を撮影し、SNSにアップするファンもいる。大勢の人が同時にネットを使用したことが影響したのか、ネットの通信環境が良好ではなく、記事や写真を送れない事態となった。

 速報で選手の姿や言葉、熱い戦いの一部始終をいち早く伝えることも大切な仕事。それぞれの会社と電話で打ち合わせをしようにも、スマホの画面には「サービス停止」の文字が表れる人も。締め切りの迫る中で焦る記者の姿も見られた。

 午後2時開門の直前には、会場入り口前に約500人の列ができ、先頭の男性は午前6時20分から待機する熱の入れよう。最終的には1万4000人が集まり、桐生は「いつもは100メートルは走るところだけお客さんがいるんですけど、今日はバックにもたくさんの方々がいて楽しかったですし、こうやって陸上界が盛り上がってよかったです」と喜んでいた。

 200メートル予選などが行われた29日は、正午の開門に合わせて前日を上回る人が集まった。入り口前の広場に人が並びきれず、階段下の別の場所に急遽列を作って対応。先頭は午前7時過ぎから並んでいたという。大会関係者は「非常に盛り上がっている。朝早くから並んで下さる方々もいて有難いです」と話した。

 今秋の世界選手権代表(9月27日開幕・ドーハ)を懸けて繰り広げられた戦い。陸上界の盛り上がりぶりを示すような出来事だった。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集