[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は足も速い! 快足内野安打を米記者称賛「チャップマンでも刺せなかった」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・DH」でスタメン出場し、4打数3安打で今季5度目となる猛打賞を記録。打率を3割にのせた。俊足で沸かせたのは6回の第3打席でマークした三塁への内野安打だ。一塁到達タイムは毎秒29.5フィート(時速約32キロ)を記録。米記者は「チャップマンでさえアウトにできなかった」とスピードにも拍手を送っている。

大谷翔平は脚でも魅せた【写真:Getty Images】
大谷翔平は脚でも魅せた【写真:Getty Images】

6回の第3打席では快足披露、3安打固め打ちで打率は.301に

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・DH」でスタメン出場し、4打数3安打で今季5度目となる猛打賞を記録。打率を3割に乗せた。俊足で沸かせたのは6回の第3打席でマークした三塁内野安打だ。一塁到達で毎秒29.5フィート(時速約32キロ)を記録。米記者は「チャップマンでさえアウトにできなかった」とスピードにも拍手を送っている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 前日は2年連続の2ケタ本塁打に到達した大谷。この日は足で魅せた。6回1死の第3打席だ。フルカウントからの6球目、外角高めのボール球をたたくと、三塁線へのゴロとなった。三塁手マット・チャップマンは好捕すると、ファウルゾーンへと体を倒しながら、懸命に一塁へと送球。強肩で知られるチャップマンだったが、大谷の快足が上回った。

 スピードを見せつけた内野安打。MLBのデータ解析システム「スタットキャスト」のデビッド・アドラー記者は自身のツイッターで驚きをつづった。

「マット・チャップマンでさえ、毎秒29.5フィートで走るショウヘイを内野安打でアウトにできなかった」とし、さらにMLBにおける一塁へのスプリント速度の平均が毎秒27フィートで、毎秒30フィートを超えるとエリートであると補足。続けて「チャップマンのファウルゾーンからの素晴らしいプレーだったものの…足の遅い走者であれば(三塁手の好守として)ハイライト映像に使われたはず」と相手のファインプレーを阻止した大谷の俊足に注目していた。

 バットコントロール、飛距離に加え、俊足ぶりもアピールした大谷。打率は.301に上げている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集