[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、年間最優秀選手候補に米選出 独特な絶賛展開「生きる建築破壊用鉄球」

井上尚弥、年間最優秀選手候補に米選出 独特な絶賛展開「生きる建築破壊用鉄球」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。バンタム級転向1年目に新旧世界王者2人を相手に、合わせてたった182秒の圧巻の秒殺劇を演じた「The Monster」が米メディア選定の2018年年間最優秀選手候補に堂々と選ばれている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

米メディアが候補の1人に選出、バンタム級2戦計182秒のKOを高評価

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。バンタム級転向1年目に新旧世界王者2人を相手に、合わせてたった182秒の圧巻の秒殺劇を演じた「The Monster」が米メディア選定の2018年年間最優秀選手候補に堂々と選ばれている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「オレクサンドル・ウシクがファイター・オブ・ザ・イヤー争いでリードする」と特集したのは、米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」だった。同メディア選定の2018年年間最優秀選手で、第1回WBSSクルーザー級を制覇し、4団体統一王者に輝いたウシク(ウクライナ)が現時点で最有力候補としてした一方、候補に挙げられたスーパースターは4人だ。

「精密機械」と呼ばれるWBAライト級スーパー王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に加え、アンソニー・ジョシュア(英国)とデオンテイ・ワイルダー(米国)という両世界ヘビー級王者。そんな世界的ボクサーとともに「Nanoya Inoue」が候補に浮上している。寸評では、このように紹介されている。

「日本出身のハードパンチャー。イノウエは次なる年間最優秀ファイターだが、それは今年ではないかもしれない。日本製の男は5月にジェイミー・マクドネルと10月にフアン・カルロス・パヤノを倒した。マクドネルとパヤノは優秀なファイターだが、この2勝は特段スペシャルなものとは見えないかもしれない。イノウエの勝利の流儀は相手の能力に加えて、際立っていることがある。誰も初回の2分を持ち堪えることができなかったのだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー