[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

逆転V北口榛花、コーチに「ハイチュウ食べな」 世界女王は試合中に精神的余裕「言っておいた」【セイコーGGP】

陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が19日、東京・国立競技場で行われ、女子やり投げ金メダルの26歳・北口榛花(JAL)は63メートル45で優勝した。昨年ブダペスト世界陸上で日本人初優勝した底力を発揮し、最終6投目に逆転。途中は7番手の敗退危機にあったが、チェコ人コーチに「ハイチュウ食べな」と好物を勧める余裕もあった。

陸上セイコーGGPで優勝した、女子やり投げの北口榛花【写真:奥井隆史】
陸上セイコーGGPで優勝した、女子やり投げの北口榛花【写真:奥井隆史】

陸上セイコーGGP

 陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が19日、東京・国立競技場で行われ、女子やり投げ金メダルの26歳・北口榛花(JAL)は63メートル45で優勝した。昨年ブダペスト世界陸上で日本人初優勝した底力を発揮し、最終6投目に逆転。途中は7番手の敗退危機にあったが、チェコ人コーチに「ハイチュウ食べな」と好物を勧める余裕もあった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 世界女王は拍手で期待を煽った。全体2番手で迎えた最終6投目。北口のやりは国立で大きな放物線を描いた。突き刺さった位置は63メートル45。逆転の一投で大歓声を巻き起こした。絶好調にはほど遠く「勝てたのはよかったけど、もう少し」と首を傾げつつ、「まだ飛ばせるという余力が残った状態で勝ててよかった」と地力の高さを見せた。

 今大会はやり投げ大国チェコのデービッド・セケラックコーチが来日。指導を受けてきたメンバーも出場し、北口は「たぶん私のことよりチームメイトにハラハラ、ドキドキしていたと思う」と気遣いも。自身も本調子ではなかったため、「(競技中に)ハイチュウを食べなって言っておきました(笑)。日本まで来て3投で終わらなくてよかった」とコーチに大好物のお菓子を勧め、和ませたという。

 今季は4月末の世界最高峰ダイヤモンドリーグ(DL)蘇州大会で62メートル97をマークして優勝。1勝でも快挙とされたDLで通算7勝目を挙げた。5月5日の水戸招待は61メートル83で2連勝。しかし、コンディションが優れず、直近2週間は技術練習よりコンディション調整を最も重視した。時折笑いながら、独特の感性で現状を表現する。

「私は体が柔らかくないと高さのあるやりを出せない。板状に感じていた体が、柔らかい板になってきた感じ。私の場合は柔らかさが必要なんです。自分が動かしたい体で試合に臨みたい。硬すぎると動きたくないし、練習したいとも思えない。少し自分の体に近づいてきたと思います。もう少し太い芯が入って柔らかいものですね(笑)」

 昨年世界陸上銀のルイス・ウルタド(コロンビア)、銅のマッケンジー・リトル(オーストラリア)が出場した中で出場3連勝。多くの陸上ファンが駆けつけ、「これがずっと続けばいいのかな」と喜んだ。「まだ0.何秒の調節がうまくいっていないですね。この記録ではメダルに届かない。あと2、3か月準備して、メダルを獲って帰れるようにしたい」。夢に描いたパリ五輪金メダルへ、マイペースで仕上げていく。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集