[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウン、100m決勝まさかの10秒97で8位 後半失速の理由は「12~13mで…」パリ五輪内定持ち越し【セイコーGGP】

陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が19日、東京・国立競技場で行われ、男子100メートル決勝に出場したサニブラウン・ハキーム(東レ)は10秒97(向かい風0.1メートル)で8位だった。パリ五輪の参加標準記録10秒00を切れば代表に即内定する条件。予選は10秒07(追い風1.0メートル)の2組1着で決勝に駒を進めていたが、後半失速し、最後は流してゴールした。レース後はふくらはぎとハムストリング(太もも裏)を攣ったことを明かした。

決勝で足攣り顔をしかめるサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】
決勝で足攣り顔をしかめるサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】

陸上セイコーGGP

 陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が19日、東京・国立競技場で行われ、男子100メートル決勝に出場したサニブラウン・ハキーム(東レ)は10秒97(向かい風0.1メートル)で8位だった。パリ五輪の参加標準記録10秒00を切れば代表に即内定する条件。予選は10秒07(追い風1.0メートル)の2組1着で決勝に駒を進めていたが、後半失速し、最後は流してゴールした。レース後はふくらはぎとハムストリング(太もも裏)を攣ったことを明かした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 7レーンから号砲に反応したサニブラウンだったが、序盤からスピードに乗れず。60、70メートル付近になると明らかに減速し、最後は流してゴールした。タイムは10秒97で8位だった。また、坂井隆一郎もスタートダッシュがつかず、なんとかゴールしたものの12秒34で9位。ともに何らかのアクシデントがあったとみられる。レースは10秒21の桝田大輝が優勝した。

 レース後、サニブラウンは「1本目を終わってから体がいっぱいいっぱいで、ウォーミングアップして確認してという感じ。攣りそうな予感はあったけど、まだ攣ってないし、いけるかなと思って挑んだ。でも、案の定12~13メートルでふくらはぎと左ハム(ハムストリング)を攣って。走れたけど、そこでプッシュして怪我したら元も子もないので、緩めて走り切る形になった」と説明した。

 コンディションについて問われると「2、3本目を走るトレーニングをやっていないので、予選で良いタイムを出したかったけど、スタートの1本目が(他選手の)フライングのような感じ(仕切り直しに)になってしまった。集中していて、良い走りができそうな感覚だったので、ちょっと悔しいなという部分と、そういうところで2本目もしっかりいけないと、五輪決勝で誰かがフライングした状態で2本目にしっかりいけない。そういう部分も詰めが甘い大会だったかな」と振り返った。

 大会前までの自己ベストは日本歴代2位の9秒97(19年6月と23年8月)。今季は3月に10秒02(追い風0.5メートル)、4月に10秒04(追い風1.7メートル)をマークした。2週間前の世界リレー(バハマ)は4×100メートルリレー予選で1走を務め、日本のパリ五輪出場権獲得に貢献。今大会は昨年6月の日本選手権以来11か月ぶりの国内レースだった。

 16年リオ五輪は負傷で出場を得られず。腰椎ヘルニアに苦しんでいた21年東京五輪は100メートルで代表落ちし、出場権を得た200メートルは予選落ちに終わった。それでも、22年オレゴン世界陸上は100メートルで日本人初の決勝進出を果たし、7位入賞。23年ブダペスト世界陸上でも6位入賞と快挙を連発した。国立競技場のレースは東京五輪以来。来年は東京世界陸上が行われる。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集