[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、サニブラウンら日本勢快走の裏にユニホームの秘密 重さは「卵1個分」の衝撃【世界陸上】

15日(日本時間16日)に開幕したオレゴン世界陸上。男子100メートルではサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が同種目日本人初のファイナリストとなり、女子1500メートルでも田中希実(豊田自動織機)が日本人初の準決勝進出を果たした。選手たちがまとったユニホームにはある“秘密”が。驚きの軽量化について日本陸連が紹介している。

世界陸上に出場している田中希実【写真:Getty Images】
世界陸上に出場している田中希実【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上、アシックス製のユニホームが追求したのは?

 15日(日本時間16日)に開幕したオレゴン世界陸上。男子100メートルではサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が同種目日本人初のファイナリストとなり、女子1500メートルでも田中希実(豊田自動織機)が日本人初の準決勝進出を果たした。選手たちがまとったユニホームにはある“秘密”が。驚きの軽量化について日本陸連が紹介している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 16日(同17日)、サニブラウンは日本人初の決勝で7着。予選では自身3度目の9秒台となる9秒98を記録するなど快走した。さらに田中も女子1500メートルで見事初の準決勝に進み、大会初日には男子20キロ競歩で山西利和が優勝、2位に池田向希が入った。女子1万メートルでは廣中璃梨佳が日本歴代2位タイムを記録するなど、日本勢に好記録が生まれている。

 当然選手の能力、努力によるところが大きいが、選手を支える企業努力も見逃せない。今大会に向けて、アシックスジャパンは日本代表選手の“史上最軽量”ユニホームを生み出した。コンセプトは「IN THE ZONE」。選手が様々な動作で感じる不具合や不快感を取り除き、より競技に集中できるような機能性を追求したものとなっている。

 キーカラーは朝日が昇る力強さをイメージした「サンライズレッド」。Lサイズのユニホームはわずか51グラムで、2019年の78グラムからさらに軽くなった。日本陸連公式ツイッターによると、その重さは卵1個分相当しかないという。世界を相手に戦う日本の選手たちのため、アシックスも極限を追求していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集