[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の打席でベッツが戦々恐々とする理由「もし当たれば退場だ」 LA紙が「自己防衛」伝える

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)の本拠地レッズ戦を終えて打率.350、13本塁打。両部門でトップを争う絶好のスタートを切った。その要因の一つが、大リーグでもトップクラスの打球速度。これに同僚のムーキー・ベッツ内野手が「もし私に当たったら……」と“恐怖”を口にしている。

ドジャースのムーキー・ベッツ【写真:Getty Images】
ドジャースのムーキー・ベッツ【写真:Getty Images】

地元紙が伝えたベッツの言葉…大谷の強烈すぎる打球速度への備え

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)の本拠地レッズ戦を終えて打率.350、13本塁打。両部門でトップを争う絶好のスタートを切った。その要因の一つが、大リーグでもトップクラスの打球速度。これに同僚のムーキー・ベッツ内野手が「もし私に当たったら……」と“恐怖”を口にしている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 米カリフォルニア州の地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」が「異常な生き物:ドジャースの最初のシーズンへ、ショウヘイ・オオタニのキャリア最高のスタートの内側」という分析記事で伝えている。

 記事によれば、今季の大谷は打球の実に62%以上が「ハードヒット」とされる時速95マイル(約152.9キロ)以上で、これは大リーグ最多なのだという。時速105マイル(約169キロ)を実に47回記録し、最速は4月27日(同28日)のブルージェイズ戦で放った時速119.2マイル(約191.8キロ)だった。

 この打球を何より恐れているのが、1番を打ち、大谷の打席で一塁に立つ機会が多いベッツなのだ。記事は「ベッツが一塁にいて、打席にオオタニが立つたび、この先頭打者は第2リードをわずかに変えることになる。二塁に向かって数回シャッフルした後、投球と同時に戻る」と、ベッツが大谷が引っ張る打球を避けようと動く様子を伝えている。さらに「それは強打者のチームメイトへの賞賛の表れでもあるが、塁上での自己防衛でもある」とも。

 記事によればベッツは「もし私に当たったら、退場だよ」と口にしている。続けて「私の体重は175ポンド(約79.3キロ)だ。時速120マイル(約193.1キロ)のラインドライブは受け止めきれないよ」とも。ベッツは大リーグでトップの出塁率.440を誇り、大谷の前に塁に出る機会も多い。そこでは常に恐怖と闘いながらのプレーを強いられているようだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集