[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥ではなくクロフォードを“最強”に選出した米記者2人の理由「PFP戦士相手が凄いのだ」

世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」は9日(日本時間10日)、階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」最新版を公表し、世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は1位に浮上。全階級を通じた世界最強ランクで約2年ぶりに再び頂点に立った。リング誌は選出の詳細も記事で公開。登場している10人のうち8人が井上を支持したが、残る2人は昨年世界ウェルター級で4団体統一したテレンス・クロフォード(米国)に投票していた。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

リング誌が最新PFP発表

 世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」は9日(日本時間10日)、階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」最新版を公表し、世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は1位に浮上。全階級を通じた世界最強ランクで約2年ぶりに再び頂点に立った。リング誌は選出の詳細も記事で公開。登場している10人のうち8人が井上を支持したが、残る2人は昨年世界ウェルター級で4団体統一したテレンス・クロフォード(米国)に投票していた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。海外メディアが各自で格付けしているが、リング誌のPFPが世界で最も価値がある指標とされている。

 2022年6月、井上はリング誌のPFPで日本人初の1位になる快挙を達成。同8月に2位に後退し、トップ返り咲きが期待されていた。結果を伝えたリング誌の記事内では投票者のうち10人の意見が紹介されており、同誌のダグラス・フィッシャー編集長ら8人が井上を支持。残る2人がテレンス・クロフォードを支持したとされている。2年前に1位となった際は1票差だったが、今回は圧倒的支持を得たようだ。

 クロフォードを支持した1人は、リング誌のアンソン・ウェインライト記者。「イノウエは1回に日本のファンを心配させたが、その後ネリをコテンパンにした」と戦いぶりを評価しつつ「私にとってはクロフォードが1位aでイノウエが1位bだ」と、僅差ながらクロフォードに票を投じたという。

 もう1人のアダム・アブラモビッツ記者も「私はクロフォードを1位a、イノウエを1位bと見ている」と同様に僅差であると指摘。「でもこれでは議論にならない。間違った答えはないと思う」と迷いながらもクロフォードに投票したようだ。

 アブラモビッツ記者は「クロフォードはスペンス戦以降は試合をしていないから、それは彼にとってはマイナスだ」と、昨年7月から試合をしていない事を指摘しつつも「でも、(スペンス戦には)物凄く感銘を受けた。イノウエに感銘を受けなかったわけではない。クロフォードがPFP戦士相手にやったということが凄いのだ。私はクロフォード1位に投じるが僅差だ」と説明していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集