[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ネリ相手に「判定決着」と見る識者の警告「文字通り最大の挑戦。番狂わせの可能性」

6日に東京ドームで開催されるボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一戦12回戦に向け、王者・井上尚弥(大橋)と挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)が4日に会見を行った。大一番まで2日。世界で最も権威ある米専門誌「ザ・リング」では同誌の記者6人と業界の識者14人が登場し、20人全員が井上勝利を予想した。うち2人のみ、判定決着を予想。数少ないが「ネリはイノウエにとって文字通り最大の挑戦」と警告する声もある。

世界スーパーバンタム級4団体統一戦12回戦に向けた会見に出席した井上尚弥【写真:荒川祐史】
世界スーパーバンタム級4団体統一戦12回戦に向けた会見に出席した井上尚弥【写真:荒川祐史】

Amazon プライム・ビデオで独占生配信

 6日に東京ドームで開催されるボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一戦12回戦に向け、王者・井上尚弥(大橋)と挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)が4日に会見を行った。大一番まで2日。世界で最も権威ある米専門誌「ザ・リング」では同誌の記者6人と業界の識者14人が登場し、20人全員が井上勝利を予想した。うち2人のみ、判定決着を予想。数少ないが「ネリはイノウエにとって文字通り最大の挑戦」と警告する声もある。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 リング誌は「ナオヤ・イノウエ―ルイス・ネリ戦の勝敗予想」との見出しで記事を掲載。ダグラス・フィッシャー編集長を筆頭に、予想した20人全員が井上勝利を支持した。実に18人が井上のKOまたはTKO勝利を予想。判定までもつれ込むと予想したのは2人だけだった。

 数少ない2人のうちの1人が、同誌記者のマーティ・マルカヘイ氏。全会一致の井上判定勝ちを予想している。「ナオヤ・イノウエは地球上で最も完璧なボクサーであり、桁外れのフィニッシュ・スキルを持ち合わせた最も危険なファイターだ」と絶賛しつつ、「ネリはイノウエにとって文字通り最大の挑戦であり、イノウエも序盤から警戒しないと番狂わせが起きる可能性がある」と警告も送っている。

 ただ同記者は判定にもつれ込みはするものの、井上が圧勝すると予想している。「イノウエにとってボクシングIQは問題ではないため、序盤からジャブを打って時間を稼ぎ、フラストレーションを溜めていく敵の穴と弱点を探しながら、ネリをかわしていくだろう」と、井上の頭脳的な戦いを頭に描いている様子。ダウンは複数回奪うと考えているようだ。

 もう一人は、元世界3階級制覇王者のデューク・マッケンジー氏。TVアナリストを務める同氏は、井上の2-0判定勝ちを予想している。「パンチャー2人の対決ゆえ、ノックアウトが保証されているはずだが、私はこれがポイントになると考える」と分析した。

 マッケンジー氏は井上を「ノックアウトのエキスパート」と表現。2階級で4団体統一の偉業を果たしており「ベッティング・オッズでは圧倒的に優勢だ。単なるヘッドハンターではなく、どちらでも強いパンチを打てる獰猛なボディパンチャーだ」と指摘。ただ「ネリには大番狂わせをやってのけるチャンスがないわけではない」とも見ている。

 試合の展望については「イノウエが戦いたい時に打ち、イノウエが打ちたいときに戦わなければならない」と井上の戦いぶり次第だと分析。「問題は、ネリはファイナルベルを見ることができるか? ということ」としているが、12回終了のゴングを聞くことはできると予想している。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集