[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、入場料は日本史上最高額 タイソン戦の「倍以上」、年内はSバンタム級でサウジ開催も

ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一戦12回戦が6日、東京ドームで行われる。4日は神奈川・横浜市内で会見が開かれ、メインイベントの王者・井上尚弥(大橋)と元世界2階級制覇王者の挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)らが出席。34年ぶりの東京Dボクシング興行は、入場料収入が過去の日本史上最高額の倍以上になるという。さらに井上は年内をスーパーバンタム級で戦い、サウジアラビア開催も候補だと関係者が明かした。戦績は31歳の井上が26勝(23KO)、29歳のネリが35勝(27KO)1敗。

横浜市内の会見でフォトセッションに応じた井上尚弥(前列左)、ルイス・ネリら【写真:荒川祐史】
横浜市内の会見でフォトセッションに応じた井上尚弥(前列左)、ルイス・ネリら【写真:荒川祐史】

Amazon プライム・ビデオで独占生配信

 ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一戦12回戦が6日、東京ドームで行われる。4日は神奈川・横浜市内で会見が開かれ、メインイベントの王者・井上尚弥(大橋)と元世界2階級制覇王者の挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)らが出席。34年ぶりの東京Dボクシング興行は、入場料収入が過去の日本史上最高額の倍以上になるという。さらに井上は年内をスーパーバンタム級で戦い、サウジアラビア開催も候補だと関係者が明かした。戦績は31歳の井上が26勝(23KO)、29歳のネリが35勝(27KO)1敗。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 両者とも落ち着いた様子で意気込みを語った。100人を超える国内外の報道陣、関係者が集結。井上はネリと3月の試合発表会見以来の対面となった。スーパーバンタム級のリミットは55.3キロ。前日計量を翌日に控え、「いよいよこの日が来たなという想い」と心身ともに仕上がっていた。

 サングラス姿のネリは全身黒ずくめのいかつい装い。会見冒頭、選手たちは名前を紹介されると立ち上がって挨拶したが、ネリだけは微動だにせず座ったまま。ガムをくちゃくちゃと噛みながらふてぶてしさを感じさせ、「体重はもうリミット内だ。だから問題ない」と豪語した。

 5万人以上を集めた1990年のマイク・タイソン―ジェームス・ダグラス戦以来、34年ぶりの東京Dボクシング興行。興行に携わる帝拳プロモーションの本田明彦会長は、入場料収入は今回が日本史上最高だとした。2度のタイソン戦は最高額のチケット代が1試合目は10万円、2試合目が15万円だったというが、今回はリングサイド席が22万円。「ゲート収入は過去最高額の倍以上になるでしょう」と明かした。

 2022年4月のゲンナジー・ゴロフキン―村田諒太戦は、日本最高額の20億円を超える規模の興行だった。金額自体は海外マネーのあった同興行と比較できないが、「日本人絡みでは今回が最大のイベントです」と説明した。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集