[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

尚弥VSネリ興行で「一番、目立つ気持ち」 セミを任された世界初挑戦の武居由樹「バチッと勝つ」

ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われる。4日は神奈川・横浜市内で会見が開かれ、世界初挑戦の同級5位・武居由樹(大橋)、2度目の防衛を狙う同級王者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)らが出席。34年ぶりの東京Dボクシング興行へ、心境やコンディションなどを明かした。戦績は27歳の武居が8勝(8KO)、33歳のマロニーが27勝(19KO)2敗。

タイトルマッチに向けた会見に臨んだ武居由樹(右)とジェイソン・マロニー【写真:荒川祐史】
タイトルマッチに向けた会見に臨んだ武居由樹(右)とジェイソン・マロニー【写真:荒川祐史】

Amazon プライム・ビデオで独占生配信

 ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われる。4日は神奈川・横浜市内で会見が開かれ、世界初挑戦の同級5位・武居由樹(大橋)、2度目の防衛を狙う同級王者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)らが出席。34年ぶりの東京Dボクシング興行へ、心境やコンディションなどを明かした。戦績は27歳の武居が8勝(8KO)、33歳のマロニーが27勝(19KO)2敗。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 真っ黒に日焼けした武居は、落ち着き払った表情でマイクを握った。「足立区から来た大橋ジムの武居です」と冒頭に恒例の自己紹介。「いつも通り研ぎ澄ませてこられた。あと2日、しっかり気を抜かず、楽しみながら迎えたい」と普段通りを強調した。にこやかな表情を浮かべるマロニーと壇上で握手。冷静な眼差しで王者と向き合った。

 元K-1世界王者の武居は21年3月にボクシングデビューすると、8勝(8KO)の連続KO勝ちを続けてきた。K-1とボクシングで世界王者になれば日本初の偉業。デビューから全勝全KOで世界戴冠すれば、17年5月にWBC世界フライ級王座に就いた比嘉大吾(13試合)以来、日本人2人目の快挙だ。

 メインイベントは、世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)と元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)の歴史的一戦。34年ぶりに東京Dでボクシング興行が開催される。武居はセミファイナルを任された。「大きい舞台。自分が一番目立つぐらいの気持ちでバチッと勝ちたい」。主役を食うぐらいの意気込みだ。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集