[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリに“タイソン陥落”の再現は可能か 井上尚弥に「成敗されるだろう」現実的な米国からの指摘

ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は5月6日、東京ドームで元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)との防衛戦を行う。世界で最も権威ある米専門誌「ザ・リング」の記者は「殴り合い上等の奴は、最後は井上尚弥に成敗される」と東京Dでの“タイソン陥落”再現を否定した。

井上尚弥【写真:浜田洋平】
井上尚弥【写真:浜田洋平】

5月6日に東京ドームで激突、Amazon プライム・ビデオで独占生配信

 ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は5月6日、東京ドームで元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)との防衛戦を行う。世界で最も権威ある米専門誌「ザ・リング」の記者は「殴り合い上等の奴は、最後は井上尚弥に成敗される」と東京Dでの“タイソン陥落”再現を否定した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 リング誌は「ナオヤ・イノウエ―ルイス・ネリ戦の勝敗予想」との見出しで記事を掲載。同誌の記者6人と業界の識者14人が勝敗予想した。同誌のリー・グローブス記者は、井上が8回KO勝ちすると予測。「ネリは経験があり、パワフルで自信満々の危険なボクサーだ。そして、東京ドームでマイク・タイソンを倒したジェームス・ダグラスの再現ができると信じているだろう」と想像した。

 1990年に東京ドームで行われたタイソン―ダグラス戦。圧倒的優位とみられていたタイソンが10回KO負けを喫した。今回は、それ以来34年ぶりに東京ドームで行われるボクシング興行だ。グローブス記者は「ダグラスの偉業が今でも特別なのには理由がある。それが稀だからだ」と指摘。「ネリはアウトボクシングもできるが殴り合いが好きだ。そして、殴り合い上等で挑んだ奴は、最終的にイノウエに成敗される」と“タイソン陥落”の再現は現実的ではないとした。

 ネリは2021年、同階級でブランドン・フィゲロア(米国)にKOでプロキャリア初敗戦を喫している。グローブス記者は、むしろネリのKO負けが再現されるだろうと予想。「イノウエの卓越したスピード、パワー、技術によってネリは再びKOされると思う。そもそも、4団体統一王者と12ラウンド戦い続けるのは長すぎる」と主張していた。記事では20人のうち全員が井上勝利を予想している。

○…Amazon プライム・ビデオにて「Prime Video presents Live Boxing」の第8弾として独占生配信される。井上―ネリ戦のほか、元K-1王者・武居由樹(大橋)がWBO世界バンタム級王者ジェイソン・マロニー(豪州)に世界初挑戦。井上の弟のWBA世界同級王者・拓真(大橋)が同級1位・石田匠(井岡)と2度目の防衛戦を行う。WBA世界フライ級王者・ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)は同級3位・桑原拓(大橋)と初防衛戦。同じ興行で世界戦4試合は国内史上最多となる。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集