[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コース新記録「63」の裏にあった決断 初優勝ドライバーに情を捨て、蛭田みな美が導かれた首位発進

女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディースは26日、千葉・浜野ゴルフクラブ(6669ヤード、パー72)で開幕し、初日1イーグル、7バーディー、ノーボギーの63で回ったツアー通算1勝の26歳・蛭田みな美(ユアサ商事)が9アンダーで単独首位発進した。コースレコードと自己ベストを更新する圧巻のゴルフを披露。2週連続予選落ちから復調した要因には、昨年初優勝した際に使用したドライバーへの情を振り払ったことを挙げた。

首位発進した蛭田みな美【写真:Getty Images】
首位発進した蛭田みな美【写真:Getty Images】

パナソニックオープンレディースが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディースは26日、千葉・浜野ゴルフクラブ(6669ヤード、パー72)で開幕し、初日1イーグル、7バーディー、ノーボギーの63で回ったツアー通算1勝の26歳・蛭田みな美(ユアサ商事)が9アンダーで単独首位発進した。コースレコードと自己ベストを更新する圧巻のゴルフを披露。2週連続予選落ちから復調した要因には、昨年初優勝した際に使用したドライバーへの情を振り払ったことを挙げた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 初日からかっ飛ばした。5、8番でバーディーを奪って迎えた9番パー5。蛭田は204ヤードから2オンで2メートルに寄せてイーグルを奪った。そこからは好調のパットを生かして3連続バーディー。ギャラリーの歓声に頭を下げて応えた。15、17番でも伸ばしてノーボギーでフィニッシュ。9アンダーでコースレコードと自己ベストを更新する圧巻のラウンドだった。

「コースレコードは知らなかった。自己ベストは嬉しい」と笑顔が弾けた。

 4月の1週目に行われた富士フイルム・スタジオアリスで3位も、そこから2週連続で予選落ちを喫した。「ドライバーが悪すぎた」。再起を誓った今週。「(2023年8月のCAT Ladiesで)優勝した時から使っていたドライバーで情があったのでなかなか変えられなかった」という特別なクラブを変更。思い切った決断が好調に繋がった。

 8か月ぶりの2勝目へ、絶好のロケットスタート。「去年も苦労したコース。予選通りたいなという気持ちでやっていた」と初日で早くも苦手意識を払拭した。初優勝当時の情を捨てた26歳が次の栄冠を掴みにいく。

(THE ANSWER編集部・山野邊 佳穂 / Kaho Yamanobe)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集