[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中国にも広がった“ドーハの衝撃” 五輪連続出場記録が途切れた韓国に辛辣な声「史上最弱」

サッカー男子のパリ五輪予選を兼ねたU-23アジアカップ準々決勝が現地25日にカタール・ドーハで行われ、U-23韓国代表はU-23インドネシア代表に2-2から突入したPK戦の末、10-11で敗れて10大会連続の五輪出場を逃した。衝撃の番狂わせに、中国人ファンからは「韓国にこんな日がやってくるとは」といった驚きだけでなく「インドネシアはいつの間に強くなったんだ」といった称賛の声が上がっている。

U-23アジアカップ準々決勝、インドネシアに敗れ肩を落とす韓国代表【写真:Getty Images】
U-23アジアカップ準々決勝、インドネシアに敗れ肩を落とす韓国代表【写真:Getty Images】

U-23アジアカップ準々決勝

 サッカー男子のパリ五輪予選を兼ねたU-23アジアカップ準々決勝が現地25日にカタール・ドーハで行われ、U-23韓国代表はU-23インドネシア代表に2-2から突入したPK戦の末、10-11で敗れて10大会連続の五輪出場を逃した。衝撃の番狂わせに、中国人ファンからは「韓国にこんな日がやってくるとは」といった驚きだけでなく「インドネシアはいつの間に強くなったんだ」といった称賛の声が上がっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 アジアサッカーの歴史が動いた。延長戦まで120分を戦い抜き、決着がつかずにもつれ込んだPK戦。お互いに5人が連続で成功して迎えた6人目で韓国が失敗し、決めれば勝利の場面でインドネシアもミス。その後は両チームとも決め続け、2巡目に突入した。韓国の12人目、イ・ガンヒは右隅を狙ったが、GKアリに止められた。続くインドネシアはアルハンが右隅にきっちりと決めて激戦に終止符を打った。

 自国開催だった1988年ソウル大会から前回の東京五輪まで9大会連続で五輪に出場し、前人未到の10回連続出場を目指していた韓国。後半22分にFWイ・ヨンジュンが相手の足を踏みつけ、VARの介入もあって一発退場となり、ファン・ソンホン監督も後半アディショナルタイムに判定に対する過剰な抗議でレッドカード、退席処分を受けるアクシデントもあったとはいえ、大舞台への道を絶たれた衝撃は他国にも広がった。

 中国メディア「新浪体育」が「13-12!アジアカップの奇跡!ランキング134位のインドネシアが韓国を淘汰。あと1勝でパリ五輪」との見出しで報じた記事には、ファンからのコメントが殺到。「今回の韓国チームは、史上最弱の韓国U-23だ。たくさんいるはずの欧州組がみんな来ていない」「韓国サッカーに今日みたいな日がやってくるとは。アジアサッカーは変化の時代を迎えている」といった敗退した韓国への驚きの声が上がった。

 一方でインドネシアへの称賛の声も続々。「歴史を創ったインドネシア!韓国を淘汰するとは」「インドネシアったら、いつの間にこんなに強くなったんだ?」「インドネシアサッカーがオリンピックに出られたら、それこそ歴史だ」「韓国に欧州組がいないっているけど、インドネシアだって年齢条件満たす欧州組が入っていない」といった声のほかに「インドネシアはなぜ勝ったか。勝因は監督だ。シン・テヨン、名将」と、母国に強烈な“恩返し”をした韓国人のシン・テヨン監督への称賛も見られた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集