[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

他球団の現役選手もため息 ベッツ、大谷、フリーマンのMVPトリオは「全然違う」「不調でも…」

米大リーグ・ドジャースが誇る上位打線にライバル球団の現役選手も戦々恐々だ。カブスのイアン・ハップ外野手、メッツのザック・ショート内野手らが米ポッドキャスト番組に出演。「全然違う打線だよ。球界で最高のビッグネーム3人が連続で並ぶんだから」とため息交じりに対戦時の苦悩を語った。

ドジャースのムーキー・ベッツ、大谷翔平、フレディ・フリーマン(左から)【写真:Getty Images】
ドジャースのムーキー・ベッツ、大谷翔平、フレディ・フリーマン(左から)【写真:Getty Images】

カブスのハップ外野手、メッツのショート内野手らが苦悩語る

 米大リーグ・ドジャースが誇る上位打線にライバル球団の現役選手も戦々恐々だ。カブスのイアン・ハップ外野手、メッツのザック・ショート内野手らが米ポッドキャスト番組に出演。「全然違う打線だよ。球界で最高のビッグネーム3人が連続で並ぶんだから」とため息交じりに対戦時の苦悩を語った。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 現役選手ももはや呆れ気味だ。大谷翔平投手が加わったドジャースは、開幕からムーキー・ベッツ内野手、大谷、フレディ・フリーマン内野手のMVP経験者3人を1~3番に並べている。25日(日本時間26日)終了時点で、ベッツはメジャートップの打率.374、OPS1.113をマーク。大谷も同3位の打率.358、OPS1.089を記録している。不調と言われたフリーマンも打率.303、OPS.835まで上げてきた。

 4番に座ることが多いウィル・スミス捕手も同4位の打率.352に加え、OPSは.864と安定した成績を残している。米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」の番組「ザ・コンパウンド」に出演したハップ、ショート、そして元カブス傘下の右腕ダコタ・メッケス氏は、ドジャース打線がいかに強力か、実感を込めて語った。

 ショートは「フリーマンは苦しんでいたけど、それでも打率.260、OPS.750ぐらい打っていたんだ。ゲームが違うよ」と水準の高さにため息。ハップも「昨年似たようなことがあった。リグレーで試合した時、彼は苦戦していると話していたが、打率.280、OPS.750とか.780とかあったんだ」と応じた。昨季のリーグ平均は打率.248、OPS.734。不調と言われても平均以上の成績を残していたことになる。

 1~3番を歩かせようと思っても、「後ろにウィル・スミスが控えているからね」とショート。メッケス氏も「この打線は休みがないね」と同意した。ショートはさらに絶好調のベッツについて「アウトに抑えた時も『フゥー、あとちょっとでホームランだった』という感じさ」と嘆息。「全然違う打線だよ。球界で最高のビッグネーム3人が連続で並ぶんだから」と呆れたように強調した。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集