[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悲壮ネリに井上尚弥陣営「普通だった」 「死ぬ覚悟」発言&弱点指摘にも「特に印象はない」

ボクシングの元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)が23日、5月6日に東京Dで行われる世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)への世界挑戦に向け、都内の帝拳ジムで練習を公開した。体重超過で王座を剥奪された2018年3月の山中慎介戦以来、6年2か月ぶりとなる日本での試合まで13日。視察した井上陣営の父・真吾トレーナーは印象を語った。戦績は31歳の井上が26勝(23KO)、29歳のネリが35勝(27KO)1敗。

練習を公開したネリを井上陣営の大橋秀行会長とともに見守った真吾トレーナー(左から2番目)【写真:荒川祐史】
練習を公開したネリを井上陣営の大橋秀行会長とともに見守った真吾トレーナー(左から2番目)【写真:荒川祐史】

ネリが練習公開

 ボクシングの元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)が23日、5月6日に東京Dで行われる世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)への世界挑戦に向け、都内の帝拳ジムで練習を公開した。体重超過で王座を剥奪された2018年3月の山中慎介戦以来、6年2か月ぶりとなる日本での試合まで13日。視察した井上陣営の父・真吾トレーナーは印象を語った。戦績は31歳の井上が26勝(23KO)、29歳のネリが35勝(27KO)1敗。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 ネリは手の内を見せないよう軽めに動きながらも、時折ミットに強打を打ちこんだ。シャドー、ミット打ちを1ラウンドずつ披露。当初はサンドバッグも打つ予定だったが、急遽取りやめた。笑顔を見せながら帝拳ジムを後にすると、出待ちのファンにサイン対応。写真撮影にも応じた。

 井上陣営の大橋秀行会長とともに見守った真吾トレーナーは、「想定内ですね。(想定の)上でもなく、下でもないです。体は思ったより全体的にコンパクト。大きくは感じませんでした」と悪童の率直な印象を明かした。井上はメキシコから招聘した選手とスパーリング。この日、ネリのサミール・ロサーノトレーナーは「その選手から話を聞いて勉強してきた」とニヤリと笑った。

 情報を提供されたことに、真吾氏は「どうなんですかね。どういうことを言ったか次第。こちらはやりたいことをやれたので。何とも思わない」と意に介さず。ネリの動きについては「本気で動いていない。パワフルだけど、キレは感じませんでした」と話すに留めた。ネリの「(弱点を)いくつか見つけている。勉強してきた」という発言などには、相手に敬意を示しながらもこう反応した。

「それは誰でも言うでしょう(笑)。今までの選手も何もできなかったので気にならない。体重もしっかりつくってきているようですし。会見はリスペクトしながらだった。特に印象はないですね。もっとアレ(悪童)かなと思っていましたが、リスペクトしながら、でも気持ちは伝わる内容。普通でしたね」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集