[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリ、減量は残り2.3kgで順調 試合13日前でもう体重超過時と同じ「今は57.60kg。Max状態だ」

ボクシングの元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)が23日、5月6日に東京Dで行われる世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)への世界挑戦に向け、都内の帝拳ジムで練習を公開した。体重超過で王座を剥奪された2018年3月の山中慎介戦以来、6年2か月ぶりとなる日本での試合まで13日。体重はリミット55.3キロまで残り2.3キロと順調のようだ。戦績は31歳の井上が26勝(23KO)、29歳のネリが35勝(27KO)1敗。

会見後の練習でシャドーを披露するルイス・ネリ【写真:荒川祐史】
会見後の練習でシャドーを披露するルイス・ネリ【写真:荒川祐史】

ネリが練習公開「リングで血を見るだろう」

 ボクシングの元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)が23日、5月6日に東京Dで行われる世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)への世界挑戦に向け、都内の帝拳ジムで練習を公開した。体重超過で王座を剥奪された2018年3月の山中慎介戦以来、6年2か月ぶりとなる日本での試合まで13日。体重はリミット55.3キロまで残り2.3キロと順調のようだ。戦績は31歳の井上が26勝(23KO)、29歳のネリが35勝(27KO)1敗。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 ネリの順調ぶりが窺える内容だった。落ち着いた表情でトレーナーにバンテージを巻いてもらい、練習前に会見。減量状況について「とてもいい。前回よりもずっといい。前回は寒い時期。今回は暖かいので体重を落とすのに役立つ気候だね」と明かし、現在の体重は「今は127ポンド(57.60キロ)だ」と告白した。

 残り2.3キロといえば、前回日本で試合をした2018年3月の山中戦の1度目の計量で犯した大幅な体重超過と同じ重さ(再計量は1.3キロ超過で王座剥奪)。当時は53.5キロのバンタム級のため、厳密に言えば一致しているわけではないが、今回は試合まで13日ですでに残り2.3キロなのは順調と言えるだろう。

 通常なら1週間から10日ほど前に来日する選手が多いが、ネリは「時差と気候に慣れるため」と15日前の4月21日に来日。羽田空港では「機内で少し増えたけど、問題ない。体重は108ポンド(約48.98キロ)」と明かし、報道陣を困惑させていた。しかし、この日は「あれは10歳の時の話だよ。空港では130ポンド(約58.97キロ)だった」と笑顔でジョークだったと強調。会見後はシャドー、ミット打ちで軽快な動きを見せた。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集