[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリ、減量は残り2.3kgで順調 試合13日前でもう体重超過時と同じ「今は57.60kg。Max状態だ」

長袖、長ズボンを着てミット打ちで軽快な動きを見せたネリ【写真:荒川祐史】
長袖、長ズボンを着てミット打ちで軽快な動きを見せたネリ【写真:荒川祐史】

ドーピング検査は「3回やった。全て陰性」

 WBC規定の事前計量は、試合30日前がリミット55.3キロの10%(60.83キロ)、15日前が5%(58.065キロ)、7日前が3%(56.959キロ)を上限に設定。井上、ネリともに15日前までクリアし、計量動画とともにWBCに報告された。1990年のマイク・タイソン以来34年ぶりの東京Dボクシング興行に向けて着々と調整が進んでいる。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 ネリは2017年8月の山中戦の薬物検査で陽性反応が出た。18年3月の再戦は大幅な体重超過でWBC世界バンタム級王座を剥奪。ともに勝利したが、日本ボクシングコミッション(JBC)から国内のライセンス無期限停止処分を受けた。海外でリング復帰し、20年9月にスーパーバンタム級で世界2階級制覇。今年2月、ネリ陣営はJBCに謝罪と資格回復を求める書面を提出。規定に基づき、処分が解除された。

 この日は報道陣や関係者ら約70人が待つ中、長袖、長ズボン、シューズまで黒に統一した姿で練習。「100%の体調。5か月間練習してきた。Max状態。過去と比べて10倍、20倍くらいコンディションはよく仕上がっている」と自信を見せた。

 ドーピング検査についても「ここまで3回やった。全て陰性。最後は20日前」と説明。日本のファンに向けて「人生で見たことのない試合を目撃する。リングで流血を見るだろうな」と勝利を誓い、強気なメッセージを送った。

○…Amazon プライム・ビデオにて「Prime Video presents Live Boxing」の第8弾として独占生配信される。井上―ネリ戦のほか、元K-1王者・武居由樹(大橋)がWBO世界バンタム級王者ジェイソン・マロニー(豪州)に世界初挑戦。井上の弟のWBA世界同級王者・拓真(大橋)が同級1位・石田匠(井岡)と2度目の防衛戦を行う。WBA世界フライ級王者・ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)は同級3位・桑原拓(大橋)と初防衛戦。同じ興行で世界戦4試合は国内史上最多となる。

(THE ANSWER編集部)





1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集