[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪逃した西山雄介が告白 引退回避の理由は1歳4か月の愛娘「同じように成長したいと…」

東京マラソンは3日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、男子の西山雄介(トヨタ自動車)が自己ベスト2時間6分31秒で日本人トップの9位だった。日本人男子は今夏のパリ五輪残り1枠を懸けた最終選考レース。設定記録2時間5分50秒を切った日本人最上位が内定だったが、西山は41秒届かず。最後の1枠は今大会不在の大迫傑(Nike)が内定した。

東京マラソン、会見で質問に答える西山雄介【写真:中戸川知世】
東京マラソン、会見で質問に答える西山雄介【写真:中戸川知世】

東京マラソン

 東京マラソンは3日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、男子の西山雄介(トヨタ自動車)が自己ベスト2時間6分31秒で日本人トップの9位だった。日本人男子は今夏のパリ五輪残り1枠を懸けた最終選考レース。設定記録2時間5分50秒を切った日本人最上位が内定だったが、西山は41秒届かず。最後の1枠は今大会不在の大迫傑(Nike)が内定した。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 スタート地点は晴れ、気温6度、湿度38%の好条件。東京五輪で連覇した前世界記録保持者エリウド・キプチョゲ(ケニア)らアフリカ勢は、世界記録を上回るハイペースで先頭集団を形成した。2時間4分56秒の日本記録保持者・鈴木健吾、昨年大会で日本人トップ7位の山下一貴、昨年8月のブダペスト世界陸上代表の其田健也ら日本のトップ選手たち後続で集団を作った。

 山下は8キロ付近で脱落し、20キロ手前で西山、木村慎が次々と転倒。接触が原因とみられ、周囲の選手も巻き込まれた。鈴木も27キロ付近で後退。一度転倒した西山が巻き返し、日本人トップを守った。30キロで一時は浦野雄平に前を譲ったが、33キロで再び日本人トップに。35キロ手前では、優勝争いから脱落したキプチョゲを抜いた。

 設定記録を6秒上回る2時間5分44秒ペース。西山は最後まで力を振り絞り、自己ベスト2時間7分47秒を1分16秒更新した。しかし、2時間5分50秒には41秒届かず顔を覆って涙。パリ五輪最後の1枠は大迫のものとなった。残り2枠は、昨年10月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で小山直城(Honda)と赤崎暁(九電工)が内定していた。

 会見した西山の主な一問一答は以下の通り。

――今の心境は。

「本当に五輪に行きたかった。その一言に尽きます」

――悔しさしかないと思うが、4回目のフルマラソンで手応え、反省は。

「過去4回のマラソンまでの過程は日々アップデートしている。1回目より2回目、2回目より3回目、3回目より4回目と日々何がいけなかったか常に反省して、修正して、それをどう体が反応するか考えながら練習してきた。今回のマラソンではアップデートした中で今まで一番いい状態でスタートラインに立った。2時間5分50秒を切るだけの練習をしてきた。自信もあった。ただ、結果は全然足りず悔しいの一言です」

――残り1枠の重圧、そこへの折り合いはどうつけたか。

「重圧はあまり感じていない。1枠は自分のものだと思いながらずっと練習してきた。特に感じていませんでした」

――五輪を目指すのは最後と話していた。ランナーとしての今後は。

「僕自身、パリ五輪を最大の目標にしてきて、その中でかなわなかった。その先は全く考えていない。全てをここに懸ける想いでやってきた。今は今後について考えていないので、もう少しゆっくりして今後どうするかゆっくり考えたい」

――MGCからどうアップデートしてきたのか。

「MGCに関しては正直あのレースだけは振り返られなくて。あのレースを振り返るとマイナスになってしまうと感じていた。MGCだけは振り返っていない。それまでの過程の練習を見直すことだけを意識して今回の東京マラソンに臨んだ。MGCより質も量もベースを上げた。リカバリーも意識しながら練習に取り組めたのが一番。体と対話しながら進められたのは本当によかった。

 35キロ以降ペースを大きく落とした要因ついては、いつも自分は長い時間を掛けながら反省して修正してくのがスタイルなので、今ははっきりした原因について整理がついていない。今回やってきたことが2時間5分50秒に満たない練習だったのは確か。自分の取り組みがダメだった証拠だと思う」

――入りの5キロが記録を狙うには遅かったのかもしれない。どう感じるか。

「前半は遅く感じた。ハーフなら最低でも62分20秒、早くて62分ちょうどでいってほしかったのが率直な気持ち。遅くなったのは割り切って仕方ないと思いながら走っていた。ペースメーカーが離れてから積極的なレースをしないとタイムを切れない。後半は積極的なレースをするよう心掛けました。(ペースが)思ったより遅かったので予想外ですけど、焦って自分の走りを見失っては元も子もない。冷静に割りきって自分の走りをすることを心掛けた」

――MGC後から引退も考えるほど落ち込んだと。気持ちを持ち直すための出来事は。

「妻と娘がいるけど、娘が1歳4か月。妻が日々支えてくれている感謝の気持ちと娘の日々成長していく姿を見て、僕自身も娘と同じように成長していきたいと感じていた。それこそ、歩いたと思ったら急に階段を上り始めた。息を切らしながら上る。僕もあと少しだけ娘と同じように成長したいと思ったのが一番のきっかけ。その姿やそれを支える妻の姿に感謝しているし、パリに連れて行きたいという一心で臨みました」

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集