[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

優勝候補・佐藤早也伽、接触→転倒のアクシデント 高橋尚子ら解説席は棄権を勧める声

大阪国際女子マラソンが29日、大阪・ヤンマーフィールド長居発着の42.195キロで行われたが、優勝候補の佐藤早也伽が転倒するアクシデントに見舞われた。

佐藤早也伽(右、撮影は2020年)【写真:奥井隆史】
佐藤早也伽(右、撮影は2020年)【写真:奥井隆史】

大阪国際女子マラソン

 大阪国際女子マラソンが29日、大阪・ヤンマーフィールド長居発着の42.195キロで行われたが、優勝候補の佐藤早也伽が転倒するアクシデントに見舞われた。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 澄み渡る冬空のもと、ランナーたちが浪速路を駆け抜けた。序盤は3年ぶりに出場した海外招待選手たちと安藤友香、佐藤早也伽、上杉真穂、岩出玲亜らが先頭集団を形成。5キロ地点を16分39秒で通過した。しかし、8キロ付近で佐藤が転倒。岩出との接触があったとみられる。

 佐藤は顔をしかめながら立ち上がったものの足を引きずった。先頭からは大きく離される展開。徐々にペースを取り戻したが、解説席の高橋尚子さん、福士加代子さんらからは今後のことを考えて棄権を勧めるなど心配の声が上がった。

 28歳の佐藤は昨年大会で左足首に不安を抱え、2時間24分47秒で6位。悔し涙を流した。それでも9月のベルリンマラソンで自己ベストを1分以上更新する2時間22分13秒をマーク。今大会は優勝候補に挙がっていた。

 2024年パリ五輪代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC、23年10月15日開催)の出場権もかかった大会。佐藤、安藤、上杉、岩出はすでに出場権を手にしている。8月のブダペスト世界陸上の代表選考会も兼ね、日本陸上競技連盟の派遣設定記録は2時間23分18秒とされている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集