[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

完敗チャーロの凡戦に酷評の嵐「全く勝つ気なし」 対戦要求クロフォードも「惨めな負け。自分を恥じろ」

ボクシングのスーパーミドル級世界4団体王座統一戦(米ネバダ州ラスベガス)は30日(日本時間10月1日)、WBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界同級統一王者のカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)と2階級下から挑戦したWBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界スーパーウェルター級王者ジャーメル・チャーロ(米国)が激突。男子史上初の現4冠王者対決はカネロが圧勝という内容で、3-0判定勝ちした。敗れたチャーロには試合内容に辛辣な声が上がっている。

カネロことサウル・アルバレスにパンチを打ち込むジャーメル・チャーロ(右)【写真:Getty Images】
カネロことサウル・アルバレスにパンチを打ち込むジャーメル・チャーロ(右)【写真:Getty Images】

スーパーミドル級世界4団体王座統一戦

 ボクシングのスーパーミドル級世界4団体王座統一戦(米ネバダ州ラスベガス)は30日(日本時間10月1日)、WBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界同級統一王者のカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)と2階級下から挑戦したWBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界スーパーウェルター級王者ジャーメル・チャーロ(米国)が激突。男子史上初の現4冠王者対決はカネロが圧勝という内容で、3-0判定勝ちした。敗れたチャーロには試合内容に辛辣な声が上がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 ボディを執拗に攻められていた7回、チャーロは意表を突くカネロの右ストレートをガードの間から打ち抜かれ、耐え切れずに膝をついた。キャリアで2度目のダウンを喫し、12ラウンドを戦い抜いたものの、終始、カネロの圧力に押され、手数が少なく見せ場の少ない試合となった。ただ、試合後のリング上で次戦について「長年のライバルと言われるウェルター級4団体統一王者テレンス・クロフォード(米国)との対戦を要求。「適正階級に戻る。俺は準備ができている」と呼びかけた。

 ただ、そのクロフォード本人が試合後に自身のX(旧ツイッター)で反応。「お前は惨めな負けを喫したんだ。勝とうとすらせず、ただ生き延びようとしただけ。自分自身を恥じるべきだな」と試合内容を酷評した。

 同様に、米国のメディア関係者からも冷ややかな声が漏れた。米スポーツ専門局「ESPN」のマイク・コッピンガー記者は「チャーロはこの試合で一度も脅威にはならず。スコアをつけるには簡単な試合だ」と指摘し、米専門メディア「ボクシングシーン.com」のクリフ・ロルド記者も「顔面骨折を負ったビリー・ジョー・ソーンダースですらもっと良い試合をしていた」と指摘した。

 米スポーツメディア「スポーティング・ニュース」のトム・グレイ記者も「決着のついた議論を蒸し返したくないけど、この試合は本当に酷い。チャーロは全く勝つ気がない」と一刀両断した。さらに権威ある米ボクシング専門誌「ザ・リング」のダグラス・フィッシャー編集長も「この試合は単調で退屈だった。チャーロは生き残ることに満足し、カネロは全ラウンドで勝利(私のスコアカードではそうだった)することに満足しているようだった」と凡戦を評した。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集