[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

復活Vの原英莉花に脱帽「隙のないゴルフをした」 2位菊地絵理香「疲れました。仕方ないかな」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンは1日、福井・芦原GC海C(6528ヤード、パー72)で最終日が行われ、2020年大会女王・原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)が1イーグル、3バーディー、1ボギーの68で回り、通算15アンダーで優勝。3年ぶりのメジャー制覇を成し遂げた。12アンダーで2位の菊地絵理香(ミネベアミツミ)は初のメジャー制覇はならず。ボギーなしの安定したプレーだったが「それよりも原英莉花ちゃんが良いゴルフをしていた。素晴らしいと思います」と勝者に脱帽していた。

日本女子オープンで2位だった菊地絵理香【写真:Getty Images】
日本女子オープンで2位だった菊地絵理香【写真:Getty Images】

国内メジャー・日本女子オープン

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンは1日、福井・芦原GC海C(6528ヤード、パー72)で最終日が行われ、2020年大会女王・原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)が1イーグル、3バーディー、1ボギーの68で回り、通算15アンダーで優勝。3年ぶりのメジャー制覇を成し遂げた。12アンダーで2位の菊地絵理香(ミネベアミツミ)は初のメジャー制覇はならず。ボギーなしの安定したプレーだったが「それよりも原英莉花ちゃんが良いゴルフをしていた。素晴らしいと思います」と勝者に脱帽していた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 1打差の2位で出た菊地。3番パー3でバーディーを奪い、一時は首位に並んだ。しかし、5番パー5で原がイーグルを奪って再びリード。後半の菊地はパープレーが続き、ピンチも凌ぐ粘りのゴルフを見せたが及ばなかった。

 ホールアウト後のインタビューで菊地は「ほんと疲れました。4日間、充実してました。原英莉花ちゃんが隙のない良いゴルフをしていた。仕方ないかな」と率直な思いを口にした。ツアー通算6勝の実力者だがまだメジャー優勝はなく、今回も惜しくも逃した。「(2位という結果は)それだけ良いゴルフしていた。チャンス作れないホールもいくつかあったけど、それよりも原英莉花ちゃんが良いゴルフをしていた。素晴らしいと思います」と原のプレーをたたえた。

「淡々とやらないといけないと思っていたので、最後までやり通すことできたので、そこは評価できるかな」と2バーディー、ボギーなしのプレーを自己評価。4日間を振り返り「(優勝スコアが)15アンダーで伸ばし合いのゴルフになったので、もっとアグレッシブに行くことが課題かなと思います」と話した。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集