[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花「うれしい気持ちでいっぱい」 復活Vに涙なし、決意のヘルニア手術からメジャー3勝目

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンは1日、福井・芦原GC海C(6528ヤード、パー72)で最終日が行われ、2020年大会女王・原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)が1イーグル、3バーディー、1ボギーの68で回り、通算15アンダーで優勝。3年ぶりのメジャー制覇を成し遂げた。ツアー優勝は21年11月21日の大王製紙エリエールレディス以来の通算5勝目。長年悩まされた腰のヘルニア摘出手術を今年5月17日に受けてから137日、1998年度生まれ“黄金世代”の飛ばし屋が遂に復活Vを果たした。2位は12アンダーの菊地絵理香(ミネベアミツミ)。

日本女子オープンで優勝した原英莉花【写真:Getty Images】
日本女子オープンで優勝した原英莉花【写真:Getty Images】

国内メジャー・日本女子オープン

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンは1日、福井・芦原GC海C(6528ヤード、パー72)で最終日が行われ、2020年大会女王・原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)が1イーグル、3バーディー、1ボギーの68で回り、通算15アンダーで優勝。3年ぶりのメジャー制覇を成し遂げた。ツアー優勝は21年11月21日の大王製紙エリエールレディス以来の通算5勝目。長年悩まされた腰のヘルニア摘出手術を今年5月17日に受けてから137日、1998年度生まれ“黄金世代”の飛ばし屋が遂に復活Vを果たした。2位は12アンダーの菊地絵理香(ミネベアミツミ)。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 長いトンネルを抜け、原が歓喜の瞬間を迎えた。2位の菊地に1打差の首位で出た最終日。最終組の“エリカ対決”は多くのギャラリーを引き連れた。原は1番パー5で幸先よくバーディー発進となるも、2番パー4でボギーと乗れず。菊地が3番パー3でバーディーを奪ったため一度は並ばれたが、5番パー5で原が圧巻の2オンから見事なイーグルを奪取。静かにガッツポーズを作った。

 7番パー3でもスコアを伸ばした原は、8番パー4でバンカーに入れてしまうもパーで凌ぎ、菊地に2打差をつけて勝負のサンデーバックナインへ。互いにパーが続いて迎えた15番パー5で、原が2.5メートルのバーディーパットを沈めて握り拳。最難関の16番パー4ではティーショットをラフに入れ、池越えの第2打でグリーンオーバー。それでも勝負強さを見せてパーで凌ぎ、最終18番パー5でウイニングパットを沈めると、右手を突き上げて歓喜。ギャラリーの拍手に笑顔で応えた。

 優勝インタビューで原は「本当にうれしい気持ちでいっぱいです。たくさんの方に応援していただけて幸せだと思います」と喜びを語った。「自分を信じて18ホール回り切るだけだと思った。2日間、強い絵理香選手と戦って自分もいいプレーができた。イーグルが取れたのは大きかったけれど、随所にパーセーブがあったのでそこがよかった」と振り返った。

 腰の手術を経ての復活。「日々の練習が変わった。どん底を経験して、常に前向きにとらえられるようになった」と自身の変化を語った。大舞台の強さについては「分かんないです(笑)」と笑顔。今後については「目の前のコースと一個一個戦っていきたい」と話し、最後まで涙はなかった。

 原は渋野日向子、畑岡奈紗、勝みなみら逸材が揃う1998年度生まれの“黄金世代”の一人。飛距離が武器で、19年のリゾートトラストレディスでツアー初優勝を果たすと、20年には日本女子オープン、JLPGAツアー選手権リコーカップの国内メジャー2戦を制した。しかし、腰痛との戦いが長引いたこともあり、21年の大王製紙エリエールレディスでツアー4勝目を挙げてからは優勝から遠ざかり、今年5月17日には腰のヘルニア摘出手術を受けた。「先を考えたら決断できなかったであろう急遽即決のオペ」と、シーズン中の一大決心だった。

 約3か月後の北海道meijiカップで復帰。開幕前の会見では「新しい気持ちでここに立てて嬉しい。腰の状態はいつぶりかの痛みのない状態」と語っていた。復帰後のトップ10入りは7戦中1度だけだったが、今大会はパッティングが冴えた。これで679日ぶりのツアー通算5勝目。うち3度がメジャー大会と大舞台の強さを見せている。2020年に優勝している思い入れのある大会で、華麗な復活を遂げた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集