[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「今の井上尚弥らと比べると大きな差だ」 かつてのPFP最強王者カネロの圧勝劇もリング誌編集長は辛辣

ボクシングのスーパーミドル級世界4団体王座統一戦(米ネバダ州ラスベガス)は30日(日本時間10月1日)、WBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界同級統一王者のカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)と2階級下から挑戦したWBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界スーパーウェルター級王者ジャーメル・チャーロ(米国)が激突。男子史上初の現4冠王者対決はカネロが圧勝という内容で、3-0判定勝ちした。

カネロことサウル・アルバレスが世紀の4団体王者対決でチャーロに圧勝【写真:Getty Images】
カネロことサウル・アルバレスが世紀の4団体王者対決でチャーロに圧勝【写真:Getty Images】

スーパーミドル級世界4団体王座統一戦

 ボクシングのスーパーミドル級世界4団体王座統一戦(米ネバダ州ラスベガス)は30日(日本時間10月1日)、WBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界同級統一王者のカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)と2階級下から挑戦したWBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界スーパーウェルター級王者ジャーメル・チャーロ(米国)が激突。男子史上初の現4冠王者対決はカネロが圧勝という内容で、3-0判定勝ちした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 終始、圧力をかけ続けたカネロは7回にボディ狙いから一変した右ストレートをガードの間から打ち込み、チャーロをぐらつかせてダウンを奪取。判定にもつれこんだものの、今年最大のビッグマッチを圧勝で終わらせた。

 権威ある米ボクシング専門誌「ザ・リング」のダグラス・フレッチャー編集長は試合中から自身のX(旧ツイッター)で「チャーロの顎は評判通りの頑丈さだ。カネロはボディーにより集中すべき」などと投稿していが、結果を受けて「カネロが長期戦を戦えると思わなかったので、12回を通じてビッグショットを打ち続けたことを称賛する」としながら「しかし、この試合は単調で退屈だった。チャーロは生き残ることに満足し、カネロは全ラウンドで勝利(私のスコアカードではそうだった)することに満足しているようだった」と注目をつけた。

 続けての投稿で「カネロはやるべきことをやった。偏ったスコアカード(私のものは完封)に値するし、最近の試合に比べれば間違いなくシャープだった。しかし、クロフォードやイノウエらPFPリストの他のボクサーとは大きなギャップがある。キャリアのこの時点において、カネロはダイナミックではない」とも指摘。かつてPFP最強と謳われた王者の復調を認めながらも、現在トップクラスのテレンス・クロフォード、井上尚弥らと比べると差は大きいと指摘した。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集