[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

完敗チャーロがカネロに脱帽「彼のパンチは強かった」 次戦は宿敵クロフォードと「俺の階級でやろう」

ボクシングのスーパーミドル級世界4団体王座統一戦(米ネバダ州ラスベガス)は30日(日本時間10月1日)、WBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界同級統一王者のカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)と2階級下から挑戦したWBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界スーパーウェルター級王者ジャーメル・チャーロ(米国)が激突。男子史上初の現4冠王者対決はカネロが圧勝という内容で、3-0判定勝ちした。

カネロことサウル・アルバレスにパンチを打ち込むジャーメル・チャーロ(左)【写真:Getty Images】
カネロことサウル・アルバレスにパンチを打ち込むジャーメル・チャーロ(左)【写真:Getty Images】

スーパーミドル級世界4団体王座統一戦

 ボクシングのスーパーミドル級世界4団体王座統一戦(米ネバダ州ラスベガス)は30日(日本時間10月1日)、WBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界同級統一王者のカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)と2階級下から挑戦したWBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界スーパーウェルター級王者ジャーメル・チャーロ(米国)が激突。男子史上初の現4冠王者対決はカネロが圧勝という内容で、3-0判定勝ちした。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 ボディを執拗に攻められていた7回、チャーロは意表を突くカネロの右ストレートをガードの間から打ち抜かれ、耐え切れずに膝をついた。キャリアで2度目のダウンを喫し、12ラウンドを戦い抜いたものの、完敗した。試合後のリングインタビューで、チャーロは「今日は本来の自分じゃなかった。結果は結果。これもボクシングだ。負ける日もある」と敗戦を素直に受け入れた。

 言わずとしれたボクシング界最強の一人で4階級制覇王者のカネロに対し、上限が6.4キロも異なるスーパーウェルター級から挑戦。「体重のこともあるが、私は最高の試合をした。これからも努力し続ける」と前を向き、今後は階級を戻すかを問われると「そうだね、適正体重を探して戻そうと思う」と言い、「彼のパンチは強かった」とカネロの強さも潔く称えた。

 次戦については「誰でもいい、クロフォードでもいい」と長年のライバルと言われるウェルター級4団体統一王者テレンス・クロフォード(米国)との対戦を要求。「俺の階級でやろう。そのへんの体重だろ。俺は準備ができている」と呼びかけた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集