[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カネロ、世紀の4団体王者対決でチャーロに圧勝! 7R鮮烈ダウン奪取で3-0判定勝ち&防衛、キャリア通算60勝目

ボクシングのスーパーミドル級世界4団体王座統一戦(米ネバダ州ラスベガス)は30日(日本時間10月1日)、WBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界同級統一王者のカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)と2階級下から挑戦したWBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界スーパーウェルター級王者ジャーメル・チャーロ(米国)が激突。男子史上初の現4冠王者対決はカネロが圧勝という内容で、3-0判定勝ちした。

ジャーメル・チャーロにパンチを打ち込むカネロことサウル・アルバレス(左)【写真:Getty Images】
ジャーメル・チャーロにパンチを打ち込むカネロことサウル・アルバレス(左)【写真:Getty Images】

スーパーミドル級世界4団体王座統一戦

 ボクシングのスーパーミドル級世界4団体王座統一戦(米ネバダ州ラスベガス)は30日(日本時間10月1日)、WBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界同級統一王者のカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)と2階級下から挑戦したWBA&WBOスーパー、WBC、IBF世界スーパーウェルター級王者ジャーメル・チャーロ(米国)が激突。男子史上初の現4冠王者対決はカネロが圧勝という内容で、3-0判定勝ちした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 階級を越えた超ビッグマッチが実現した。言わずとしれたボクシング界最強の一人で4階級制覇王者のカネロに対し、上限が6.4キロも異なるスーパーウェルター級から挑戦したチャーロのマッチアップだ。

 1回からカネロが圧力をかけ、ロープを背負ったチャーロのガードの上から打ち込んでいく。2、3回はチャーロも手数を出すが、カネロに利かず、腰高の状態になり劣勢が続く。4回以降もカネロが圧力をかけ、パンチをもらっても意に介さず、前に出る展開。

 試合が動いたのは7回開始1分、カネロがロープ際に追い込んだチャーロのガードの間から強烈な右ストレートをテンプルに打ち込んだ。堪えようとした相手に、さらに右アッパーを打ち込むと、チャーロは我慢ならず、膝をついてダウンとなった。以降、立ち直ったチャーロも前に出るが、カネロの優位は変わらず。もつれ込んだ判定で文句なしの勝利。キャリア通算64戦60勝(39KO)2敗となった。

 試合後のリングインタビューで、カネロは「私はこの結果に満足しています。この試合のために遠くまで来てくれたみんなありがとう。私は強い、いつだってそうだ。カネロに勝てる人なんていない」と息巻いた。ボディ狙いが目立ったことについて「それは作戦だった。彼は動き方も分かっているので。この3か月、家族にも会わずに必死に努力を重ねてきた」と言い、「ボクシングが大好きだ、ボクシングが私の人生だ。今の私を作ってくれた」と絶叫した。

 7回のダウンシーンについても回顧。「ボディを狙っていたが、急に頭を狙った。パンチのコースを変えたらこういう結果になった」と言い、KOできなかったことが無念かと問われると「そんなことはない。勝てて最高だ。12ラウンド戦ったが、最終的に私が勝者と証明できた。どっちが強いのか分かったでしょう」と胸を張った。次戦については「次に誰が強いのか決めたい。誰でもいいよ」と締めくくった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集