[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、階級を上げても「パワーは負けてない」 いきなり世界挑戦は自信の裏返し

ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が6日、都内で会見し、5月7日に神奈川・横浜アリーナでWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)に挑戦することを正式発表した。テストマッチを挟まずに迎える新階級での世界戦。会見では、理由や相手より優れている点を明かした。試合はNTTドコモの映像配信プラットフォーム「Lemino」で独占無料生配信。戦績は29歳の井上が24勝(21KO)、28歳のフルトンが21勝(8KO)。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

フルトン戦の会見に出席した井上尚弥(左)と大橋秀行会長【写真:高橋学】
フルトン戦の会見に出席した井上尚弥(左)と大橋秀行会長【写真:高橋学】

井上尚弥VSフルトン

 ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が6日、都内で会見し、5月7日に神奈川・横浜アリーナでWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)に挑戦することを正式発表した。テストマッチを挟まずに迎える新階級での世界戦。会見では、理由や相手より優れている点を明かした。試合はNTTドコモの映像配信プラットフォーム「Lemino」で独占無料生配信。戦績は29歳の井上が24勝(21KO)、28歳のフルトンが21勝(8KO)。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 井上は高揚感の中に冷静さを秘めていた。すでにフルトンの映像をチェック済み。作戦漏れを防ぐため、詳細は明かさない。印象については「フルトン選手は自分のボクシングを持っている。そこをどう攻略していくか。ジャブを突いて、距離をとって判定で勝つ選手。そういう選手ほど倒すのは難しい。今回は勝ちに徹する戦いをしたい」と話すにとどめた。

 バンタム級より1.8キロ重い55.3キロ。身長、リーチともにフルトンが上だ。王者は現在4戦連続で判定勝ちするなど、高い技術力を誇る試合巧者。それでも、井上は「まずパワーでは負けていないかな」と断言し、「一瞬のスピードも自分の方が上。ゲームプラン、戦術は戦わないとわからない」とイメージしている。

 元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーのもと、過酷なトレーニングでスーパーバンタム級仕様の肉体をつくっている最中。「1.8キロ増しますけど、そこでしっかりとした安定感を見せられると思う。プラスされたパワーをスピードを落とさず出すので、そこを見てほしい」。強い相手こそ燃えるのがこれまでのモンスター。モチベーションはリングにどう影響するのか。

「やらないとわからないですが、自分自身を信じる気持ちがある。これまでも階級を上げた時の試合は、もの凄い良い試合ができている。それはモチベーションが生み出すパワー。階級を上げていきなりこういうビッグマッチができるのはモチベーションが上がります。どういう試合ができるかわからないけど、当日の自分に期待したいですね。

 ただ、毎回階級を上げる時は不安がつきまとう。今回はライトフライ級から上げてきて、自分の(もともとの)骨格、体格をオーバーしていく。そこの不安はあるけど、それでもやれるんだというところを見せたい」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集