[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木朗希はMLBでも「先発1番手」 米記者がWBCで活躍予感「ネットを騒然とさせる」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)がいよいよ8日に開幕する。米国では、豪華メジャーリーガーの競演はもちろん、大リーグ(MLB)以外の舞台でプレーする“隠れたタレント”にも注目が集まっている。米専門誌は日本代表のロッテ・佐々木朗希投手を絶賛。「ネットを騒然とさせるようなことをしてくれる予感がする」と世界を驚かす活躍を予見した。

WBC日本代表の佐々木朗希【写真:Getty Images】
WBC日本代表の佐々木朗希【写真:Getty Images】

米専門誌記者「ここ10年、世界中で最高級の有望株」

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)がいよいよ8日に開幕する。米国では、豪華メジャーリーガーの競演はもちろん、大リーグ(MLB)以外の舞台でプレーする“隠れたタレント”にも注目が集まっている。米専門誌は日本代表のロッテ・佐々木朗希投手を絶賛。「ネットを騒然とさせるようなことをしてくれる予感がする」と世界を驚かす活躍を予見した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 日本の若きエースに熱視線が注がれている。米専門誌「ベースボール・アメリカ」は、JJ・クーパー記者とカイル・グレイサー記者がWBCについて対談するポッドキャスト番組を公開。グレイサー記者は「ロウキ・ササキが幅広い米国のファンにお披露目される時の、世界のリアクションがとても楽しみだ」と21歳の右腕に期待を寄せた。

 パドレス・ダルビッシュ有投手、エンゼルス・大谷翔平投手を「メジャー最高級の投手」と絶賛したグレイサー記者。佐々木、オリックス・山本由伸投手が並ぶ日本の先発投手陣を「ワールドシリーズレベルのローテ」と評し、「どこが相手だろうと支配的に抑えられる」と太鼓判を押した。

 その中でも特筆したのが佐々木だった。「日本の新たな天才投手であるロウキ・ササキ、昨年52者連続でアウトを奪った21歳で、速球は100マイルに達し、スプリットは無様な空振りを誘う。スライダーも優れていて、そして制球も素晴らしい」と称賛の言葉が続く。

 さらに、もしMLBドラフトの対象になったら、と仮定。「今年のドラフトにかかれば、間違いなく全体1位指名を受けるし、ここ10年を遡っても、ほとんどの年で1位になるだろう。ここ10年、世界のあらゆるところから来た投手の中でも最高級の有望株だ」といかに稀有な才能であるかを説いた。

「怪我さえしなければ、彼が米国に来れば先発1番手になるだろうと球界中のスカウトが予測している」とMLBでもエース級の逸材だとし、「ロウキ・ササキやヨシノブ・ヤマモトが幅広い米国のファンにお披露目されるときの、世界のリアクションがとても楽しみだ。特にササキはインターネットを騒然とさせるようなことをしてくれる予感がする。ああ、彼はそれぐらい素晴らしいんだ」と待ちきれないように語った。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集