[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

侍ジャパン、先発ローテは「WSレベル」と米専門誌太鼓判「どこが相手でも抑えられる」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)がいよいよ8日に開幕する。2009年以来、3度目の優勝を狙う日本代表の戦力を米専門誌は絶賛。特に先発投手陣については「ワールドシリーズ(WS)レベルのローテ」と評し、「どこの打線を相手にしても支配的に抑えられる」と太鼓判を押した。

WBC日本代表のダルビッシュ有(右)と佐々木朗希【写真:Getty Images】
WBC日本代表のダルビッシュ有(右)と佐々木朗希【写真:Getty Images】

ダルビッシュと大谷は「MLB最高級」だが「だけじゃない」

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)がいよいよ8日に開幕する。2009年以来、3度目の優勝を狙う日本代表の戦力を米専門誌は絶賛。特に先発投手陣については「ワールドシリーズ(WS)レベルのローテ」と評し、「どこの打線を相手にしても支配的に抑えられる」と太鼓判を押した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 日本の先発投手陣は、米国の識者から見てもトップクラスのようだ。米専門誌「ベースボール・アメリカ」はJJ・クーパー記者とカイル・グレイサー記者がWBCについて対談するポッドキャスト番組を公開。侍ジャパンを「日本史上最も才能に溢れたロースターかもしれない」「とんでもなく戦力が揃っている」と絶賛し、特に先発投手陣にスポットライトを当てた。

 グレイサー記者は「MLBの正真正銘のエースが2人いる。ダルビッシュとオオタニはメジャーでも最高級の投手だ」とパドレス・ダルビッシュ有投手とエンゼルス・大谷翔平投手を紹介。さらに、「将来のMLBのエースもいる。MLBに来ると予想されている選手や、プレーできるだけの才能を持った選手をたくさん擁している」と国内組もタレント揃いであると触れた。

 クーパー記者もダルビッシュと大谷がいかに優れた投手か力説しつつ、「とんでもない話に聞こえるかもしれないが、日本が準決勝、決勝に進んで米国やドミニカ共和国と対戦するとして、マウンドに上がるのはこの2人じゃないかもしれない」と言及。ロッテ・佐々木朗希投手、オリックス・山本由伸投手の名前を挙げ、「初対戦は投手有利。日本には、米国やドミニカ、ベネズエラの誰も見たことがなく、なおかつエースを張れるエリートレベルの才能が2人もいる」とメジャー組に勝るとも劣らない実力があると評した。

 これにグレイサー記者も同意し、「この日本代表は、MLBで162試合戦ってもかなりいい線を行くだろう。その核となるのは、WSレベルのローテーションだ」と、メジャーでもトップクラスの先発陣になると強調。「WSに出場するチームの1、2番手がダルビッシュ、オオタニだったら魅力だ。しかし、日本はその2人だけではない。ササキは怪我さえしなければ、米国に来れば先発1番手だ。2年連続沢村賞のヨシノブ・ヤマモトが4番手に来る。彼はMLBでは先発2番手と見られている。つまり、先発1番手が3人、2番手が1人。これが日本の先発投手陣だ」と感嘆した。

 続けて、「彼らはどこが相手だろうと支配的に抑えることができる。ドミニカ打線でも、米国打線でも、ベネズエラ打線でも。彼らならそれができる。そういうタイプの投手たちだ」とメジャー屈指の強打者が並ぶチームも圧倒できると絶賛。「とてもとても楽しみなチームだ」と躍進に期待した。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集