[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥はネリより「間違いなく一段上」 米記者断言「ネリは今も病院送りできるが…」

ボクシングのWBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦は18日(日本時間19日)、米カリフォルニア州ポモナで行われ、同級2位の元世界2階級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が同級3位アザト・ホバニシャン(アルメニア)に11回1分51秒TKO勝ち。スティーブン・フルトン(米国)が君臨するWBC王座への挑戦権を獲得し、フルトンと井上尚弥(大橋)の2人に挑戦状を送った。それでも、ある米記者は「イノウエは間違いなく一段上だ」と断言している。

井上尚弥【写真:浜田洋平】
井上尚弥【写真:浜田洋平】

WBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦

 ボクシングのWBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦は18日(日本時間19日)、米カリフォルニア州ポモナで行われ、同級2位の元世界2階級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が同級3位アザト・ホバニシャン(アルメニア)に11回1分51秒TKO勝ち。スティーブン・フルトン(米国)が君臨するWBC王座への挑戦権を獲得し、フルトンと井上尚弥(大橋)の2人に挑戦状を送った。それでも、ある米記者は「イノウエは間違いなく一段上だ」と断言している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 終始、手数を出して攻めたネリ。しかし、疲れが出たのか9回になるとペースダウンした。ただ、10回に息を吹き返す。残り40秒付近で接近戦から左がホバニシャンの顔面にクリーンヒット。ロープ際に後退したところをさらに詰めてダウンを奪った。11回も残り1分半を切ってラッシュを演じると、最後は強烈な左を食らったホバニシャンがふらつき、レフェリーストップ。鮮やかな幕切れでTKO決着を決めた。

 現在WBCの王座はフルトンが君臨しているが、フルトンは井上と春に対戦する可能性を米メディアに報じられており、フルトン―井上戦が実現すれば、ネリはその勝者と対戦する展開もあり得る。米専門メディア「ボクシングシーン.com」によると、ネリは試合後に「俺はイノウエ、フルトンとやりたい」と2人の名前を挙げ、対戦希望を表明したという。

 そんな中、米放送局「FOX」のマーク・オルテガ記者は自身のツイッターを更新。井上とネリについて触れた。「軽量級では、イノウエ対ネリがスーパーマッチになる可能性を秘めていると考えていた頃もあった。ネリは落ちたとはいえ、今でもどんなトップ選手であれ地獄送りにできる」とネリの健在ぶりを称賛した一方で「しかし、イノウエは間違いなく一段上だ」と断言。もし対戦が実現したとしても井上有利との見方を示していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集