[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、スパー相手が「パッキャオ級」と衝撃受けた部位「だから爆発力があるんだ」

バンタム級の4団体統一を成し遂げ、スーパーバンタム級に転向するボクシングの井上尚弥(大橋)。その偉業については各方面から称賛の声が今も絶えない。昨年9月に行った米ロサンゼルス合宿で井上のスパーリング相手を務めた米ボクサーが、当時の衝撃を回顧。米メディアに対し「彼は体は小さいかもしれないけど爆発力があるんだ」と語っている。

スーパーバンタム級転向を発表した井上尚弥【写真:浜田洋平】
スーパーバンタム級転向を発表した井上尚弥【写真:浜田洋平】

ロサンゼルスでのスパーリングを米メディアに回顧

 バンタム級の4団体統一を成し遂げ、スーパーバンタム級に転向するボクシングの井上尚弥(大橋)。その偉業については各方面から称賛の声が今も絶えない。昨年9月に行った米ロサンゼルス合宿で井上のスパーリング相手を務めた米ボクサーが、当時の衝撃を回顧。米メディアに対し「彼は体は小さいかもしれないけど爆発力があるんだ」と語っている。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 米ボクシング専門メディア「ITRボクシング」の公式YouTubeチャンネルに登場したのは、WBC世界フェザー級17位の26歳アダム・ロペス(米国)だった。当時バンタム級だった井上と2階級差がありながら務めたスパーリングについて聞かれると「間違いなく質が高かった」と回顧。日本でスパーリングパートナーを務めないか、と誘われたことも明かした。

 ロペスは井上について「彼は単純に殴り倒すだけのようなタイプの選手ではない。武器があって、角度を作れるし、罠も仕掛けられる。相手より(体格は)小さいかもしれないけど、爆発力があるんだ」と称賛。「彼はマニー・パッキャオ級のふくらはぎの持ち主だよ。脚が太いんだ。だから爆発力がありながらパンチが正確なんだ。パウンド・フォー・パウンドに名を連ねるのには理由がある」と驚きを明かしていた。

 井上は昨年12月にWBO世界バンタム級王者だったポール・バトラー(英国)に11回KO勝ちでアジア人初、世界9人目の4団体王座統一を達成。高い技術と丈夫な身体は、2階級上のボクサーにも強い印象を残していたようだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集