[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

暫定首位の小祝さくら、眠気と闘いながら29Hで10バーディー「あくびが止まらなくて」

女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディスホンダ第2日が8日、静岡・東名CC(6570ヤード、パー72)開催された。前日7日の悪天候によるサスペンデッドで、この日は出場全107人の第1R(ラウンド)残りホールと第2Rを実施するも、午後5時6分に日没サスペンデッドとなった。第2Rを終えられなかった41人が9日の最終日に残りを回り、50位以内の選手が決勝Rに進出する。暫定首位は、通算10アンダーの小祝さくら(ニトリ)。午前7時30分スタートで計29ホールを回ったが、「眠くてあくびが止まらなかった」と振り返った。

スタンレーレディスホンダ、暫定首位になっている小祝さくら【写真:Getty Images】
スタンレーレディスホンダ、暫定首位になっている小祝さくら【写真:Getty Images】

スタンレーレディスホンダ第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディスホンダ第2日が8日、静岡・東名CC(6570ヤード、パー72)開催された。前日7日の悪天候によるサスペンデッドで、この日は出場全107人の第1R(ラウンド)残りホールと第2Rを実施するも、午後5時6分に日没サスペンデッドとなった。第2Rを終えられなかった41人が9日の最終日に残りを回り、50位以内の選手が決勝Rに進出する。暫定首位は、通算10アンダーの小祝さくら(ニトリ)。午前7時30分スタートで計29ホールを回ったが、「眠くてあくびが止まらなかった」と振り返った。

 小祝は眠気と闘いながら、バーディーを重ねていた。前日のサスペンデッドで全選手が午前7時30分同時スタート。前夜午後9時に就寝した小祝は午前3時50分に起床。フルーツとみそ汁を胃袋に入れ、コースに入った。混雑を避けるため、打撃練習は1人15球に限定。ショット調整に苦心したと思いきや、この時点で小祝の目は完全には覚めていなかった。

「それどころじゃなくて、眠くて仕方ありませんでした。15球はあっという間で、ラウンドが始まっても途中で休憩があって食べたりしていたら、また眠くなりました。もう、あくびが止まらなくて、目が覚めてきたのは、第2Rが始まってからでした」

 無欲が功を奏した。この日の第1打は、第1Rの8番パー5で3メートルのバーディーパットだったが、「最初だし『入らなくてもしょうがない』と思って打ったら、きれいに入りました」。その後も気合が入る状態ではなかったが、「ティーショットが安定していました」と振り返り、イーブンパーで迎えた第1R残り11ホールは5バーディーで67。続く第2Rでも5バーディーを奪って67。計29ホールでボギーは1つも打たなかった。

「(第2Rの)後半はほとんど走りました。無事、終わって良かったです。18番の途中で(日没サスペンデッドを知らせるホーンが)鳴りましたが、同組の全員がティーショットを打っていたのでホールアウトできました。『みんなで良かったね』と言いました」

 もし18番を終えていなければ、最終日は午前7時にスタートになるところだった。それを回避して小祝は言った。

「今日は長い1日なのでゆっくり休みたいです。最終日は今日のようにショットでチャンスをつけてバーディーを獲っていきたいです。自分のベストを尽くすことだけに集中したいです」

 6月のリゾートトラストレディス以来、今季2勝目のチャンスを手にした小祝は、睡眠を十分に取って残り18ホールに集中する。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集