[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

戸上隼輔「細かなミスが今回の敗因」 最終試合で0-3完敗、9連覇中国の牙城を崩せず【世界卓球】

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は8日、中国・成都で男子準決勝が行われ、世界ランク3位の日本は同1位の中国に2-3で敗れ、1969年ミュンヘン大会以来、53年ぶりの世界一はならず。3位決定戦はなく、銀メダルだった16年クアラルンプール大会以来、2大会ぶりのメダルは銅となった。勝った中国は10連覇をかけて9日の決勝で同2位のドイツと対戦する。

世界卓球、中国戦の第1試合でサーブをあげる戸上隼輔【写真:Getty Images】
世界卓球、中国戦の第1試合でサーブをあげる戸上隼輔【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦、男子準決勝で9連覇中の中国に敗れる

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は8日、中国・成都で男子準決勝が行われ、世界ランク3位の日本は同1位の中国に2-3で敗れ、1969年ミュンヘン大会以来、53年ぶりの世界一はならず。3位決定戦はなく、銀メダルだった16年クアラルンプール大会以来、2大会ぶりのメダルは銅となった。勝った中国は10連覇をかけて9日の決勝で同2位のドイツと対戦する。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 王者中国を追い詰めながら、歴史的金星に届かなかった。日本は戸上隼輔、張本智和、及川瑞基で、世界卓球9連覇中の絶対王者に挑んだ。第1試合の全日本王者・戸上は世界ランク1位の樊振東に挑戦したが、ストレート負け。第2試合は張本が世界ランク11位・王楚欽に第1ゲーム(G)を落としながら3-1で逆転勝ち。第3試合の及川はリオ、東京と五輪連覇している世界ランク2位・馬龍から第1Gを奪う善戦を見せながら1-3で敗れた。

 圧巻は第4試合の張本。樊を相手にフルゲームの死闘を演じ、最終Gを11-9で破り、世界1位を撃破した。運命の最終第5試合は戸上が王にストレートで敗れ、金星は逃した。それでも、王者中国を第5試合まで苦しめ、堂々の銅メダルとなった。試合後、及川は善戦した馬龍戦について「自分的にも今日の試合は一番出来が良かった。スタッフ、ベンチの応援も最大限出ていたから自分の力も発揮できた」と振り返った。

 第1試合、第5試合と重責を担うポジションを戦った戸上は「非常に悔しく、張本選手がせっかく2点取って回してくれて、5番を僕に託してくれたけれど、そこを勝ちきることができず非常に残念です」と悔しがり、「台上のミスが多く、大事な場面で取り切ることができなかった。もう少し台上技術を見つめ直したい」と課題を口にした。

「張本選手の試合(王戦)も見ていたので、ラリーの展開で前にはりついてプレーしていきたいと思っていたけど、予想以上にピッチが速く、相手に先手を取られる展開が多くて想定したよりうまくいかなかった」。第1ゲームは9-4までいきながら落とし、「9-4まで自分のプレーが出来ていて、相手からすれば怖かったと思うし、自分としてもノリノリだった。そこでサーブミスをしてしまい、勢いが完全に止まってしまった。細かなミスが今回の敗因かなと思います」と責任を背負った。

 それでも、丹羽孝希を大会直前のインフルエンザ陽性で欠きながら、王者・中国に大善戦。張本が「本当に頼もしいチームメートで、史上最高に良いチーム。また機会があれば、同じチームで戦いたい」と語った通り、新生ニッポンの底力を示した。価値ある銅メダルだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集