[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【世界陸上】引退覚悟で大逃げ35km競歩・松永大介 涙の失速26位「難しいから挑戦するんです!」

オレゴン世界陸上の男子35キロ競歩が24日、米オレゴン州ユージンで行われた。松永大介(富士通)が2時間33分56秒の26位。号砲から驚異的な大逃げを打ったが、中盤に失速した。メダル獲得なら引退するつもりだったと涙ながらに告白。優勝は2時間23分14秒のマッシモ・スタノ(イタリア)、2位は2時間23分15秒の川野将虎(旭化成)。野田明宏(自衛隊体育学校)が2時間25分29秒の9位だった。

世界陸上、男子競歩35キロに出場した松永大介【写真:Getty Images】
世界陸上、男子競歩35キロに出場した松永大介【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上の男子35キロ競歩が24日、米オレゴン州ユージンで行われた。松永大介(富士通)が2時間33分56秒の26位。号砲から驚異的な大逃げを打ったが、中盤に失速した。メダル獲得なら引退するつもりだったと涙ながらに告白。優勝は2時間23分14秒のマッシモ・スタノ(イタリア)、2位は2時間23分15秒の川野将虎(旭化成)。野田明宏(自衛隊体育学校)が2時間25分29秒の9位だった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 空前の超大逃げだった。松永は号砲から猛進。いきなり集団を引き離し、早くも独り旅になった。1キロを3分59秒で通過し、川野、野田らの2位集団とは26秒差。沿道に笑顔を見せる余裕もあった。中継画面にはたった一人しか映らない異様な光景。4キロ地点は16分15秒で42秒差、10キロ地点は41分31秒の53秒差もつけた。

 周回コースで下位選手を次々と追い抜いていく。しかし、17キロで2位に37秒差、19キロで23秒差と徐々に失速。日影を歩こうとコース端に寄りすぎ、柵に足を引っかけて転びそうになる場面もあった。20キロを過ぎてついに追い抜かれ、独り旅は終了。ズルズルと後退し、26位に終わった。

「準備不足だと思います。足の怪我で順調じゃなかった部分が完全にレース途中に出てしまった。でも、やりたいレースはできました。後悔はないです」

 レース後、無念の面持ちで明かした。5月下旬に右膝蓋靭帯炎を発症。「その中で無理をして練習もしていた。しょうがないといえばしょうがない。逃げ切れるほど甘くはなかった」。汗を拭いながら胸を張ると、声を震わせながら今大会に懸けていた覚悟を明かした。

「正直、メダルを獲りたかった。本当はここでメダルを獲って引退しようと思っていたけど、獲れなかったので(パリ五輪まで)あと2年間だけ、最後の2年間をメダルに懸けて頑張りたいです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集