[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

夏の欧州最強馬決定戦で「衝撃の勝利だ」 凱旋門賞馬を封じた最低人気馬に英BBC仰天

海外競馬のG1キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(芝2390メートル)は23日、英アスコット競馬場で6頭立てで行われ、P.J.マクドナルド騎手騎乗の最低人気、パイルドライヴァー(牡5)が2分29秒49で2着に2馬身3/4をつけて圧勝。地元メディアも驚きをもって報じている。

凱旋門賞馬トルカータータッソの追撃を抑え、"キングジョージ"で圧勝したパイルドライヴァー【写真:Getty Images】
凱旋門賞馬トルカータータッソの追撃を抑え、"キングジョージ"で圧勝したパイルドライヴァー【写真:Getty Images】

キングジョージでパイルドライヴァー圧勝、調教師「この2週間、勝てると思っていた」

 海外競馬のG1キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(芝2390メートル)は23日、英アスコット競馬場で6頭立てで行われ、P.J.マクドナルド騎手騎乗の最低人気、パイルドライヴァー(牡5)が2分29秒49で2着に2馬身3/4をつけて圧勝。地元メディアも驚きをもって報じている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 夏の欧州最強馬決定戦は驚きの幕切れとなった。3番手から直線でぐいぐいと抜け出したのはパイルドライヴァー。5番人気タイで出走6頭で最低人気だった5歳馬は後続を突き放すと、懸命に追いすがる昨年の凱旋門賞馬トルカータータッソ(牡5)らを完封し、G1馬が5頭そろったレースで主役を奪った。

 地元の英公共放送局「BBC」は「キングジョージ6世&クイーンエリザベスSでパイルドライヴァーが衝撃の勝利」と見出しを打って報道。「パイルドライヴァーはオッズをひっくり返すサプライズ勝利を収めた」と報じた。

 記事によると、共同調教師のウィリアム・ミュア師は「私はこの2週間、勝てると思っていた」とひそかに持っていた自信を明かした。「他にも評判馬はいたが、我々の馬が今回は本当に、本当に優れていた」「この馬は素晴らしい才能の持ち主」などと語ったという。

 バイルドライヴァーは昨年6月のコロネーションC以来となるG1・2勝目。1番人気に推されたウエストオーバー(牡3)は5着に敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集